【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. ガス自由化Q&A その2:都市ガス料金の仕組みってどうなってるの?
 

ガス自由化Q&A その2:都市ガス料金の仕組みってどうなってるの?

巻口守男副社長のガス自由化Q&A

そもそも今の都市ガス料金って、どのように決められているのでしょう?そして、ガス自由化後のガス料金はどのように変わっていくのでしょうか?その仕組みやこれからの変化についての質問に、エネチェンジ副社長の巻口守男がやさしくお答えします。

ガス料金の仕組みってどうなってるの?

都市ガスの場合、実は料金は全国一律ではなく、地域ごとに異なります。その背景には、都市ガスならではの料金事情が深く関係しているんです。都市ガス料金の計算方法や、自由化後に生じる料金の変化について考えてみましょう。

Q1.ガスの料金は、どのように計算されているの?

現在の都市ガス料金は、ガス会社が勝手に設定することはできません。ガスは電気と同じく、公共性の高いエネルギー。その料金を決めるためには、経済産業大臣の許可が必要です。
そしてその計算には、ガスの製造や供給にかかるコストと、私たちが支払うガス料金の収入額が等しくなるよう設定する「総括原価方式」が採用されています。この方法なら、ガス会社は輸送などにかかるコストが増えても持続的に利益を上げることができ、安定的にガスを供給できます。また、原料の価格高騰などでガスの料金が急に高くなるようなこともなく、私たち消費者にもメリットがありました。

その反面、「ガス会社の業務効率化やイノベーションが進まない」「値下げもされにくい」といった問題点もありました。ガス自由化後は、この総括原価方式ではなく、原則的にはガス会社それぞれで料金を設定できるようになります。

Q2.ガス自由化後は、どんな料金プランが登場するの?

電力自由化で登場した電気料金プラン

電気料金の場合、自由化前は使用した電力量に比例して料金が高くなる「逓増型料金制」(上のグラフ)が採用されていました。電力自由化のときには、その料金システムはそのままに、使用量あたりの料金を引き下げた割引プラン(緑のグラフ)などが登場して話題になりましたね。
一方、現在の都市ガス料金には、使用量に応じて単位料金が安くなる「逓減型料金制」(下のグラフ)が採用されていますが、こちらもガス自由化には様々なプランが登場することが予想されています。

では具体的にはどんなガス料金プランが登場するでしょうか?電力自由化で登場したプランを元に、エネチェンジが予測してみました。
ガス自由化で登場しそうなガス料金プラン

平均的に安くなるパターン
逓減型の料金システムはそのままに、単位料金を引き下げたプランです。単身世帯〜大家族まで幅広いご家庭でおトクになります。
使用量が多いとオトクになるパターン
ガス使用量あたりの料金を安く設定するプランです。ガス使用量が少ないと割高になりますが、ガスをたくさん使う家庭ならこちらがオトク。
一定量までが定額のパターン
一定のガス使用量まではガス代が定額のプランです。ガス使用量が毎月同じくらい(季節による変動が少ない)家庭にオススメ。
料金体系がシンプルなパターン
基本料金がなく、純粋に使った分だけ料金が発生するプランです。とてもシンプルなので単純明快が好きという家庭にはオススメ。

電力自由化でも、新たな料金プランが登場し話題になったので、おそらくガス自由化でも、今回ご紹介したプランのほかにも、様々なライフスタイルに対応したガス料金プランが登場することが期待できますね。

エネチェンジではガス自由化の情報も、たくさんお届けしていきます。電力自由化もガス自由化もエネチェンジ電力比較をぜひご活用ください。

ガス自由化Q&Aをもっと読む
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数