エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. ガス自由化Q&A その3:ガス自由化でガス料金は本当に安くなるの?
 

ガス自由化Q&A その3:ガス自由化でガス料金は本当に安くなるの?

巻口守男副社長のガス自由化Q&A

ガス自由化では、私たちが月々に支払うガス料金が安くなるといわれています。しかし、なぜ自由化でガス料金が安くなるのでしょうか?料金が安くなる仕組みと、そのカギを握る新規参画企業に関する疑問に、エネチェンジ副社長の巻口守男がやさしくお答えします。

ガス自由化で私たちの生活はどう変わるの?

ガス自由化で最も気になるのは、「ガス料金は本当に安くなるの?」ということ。これまでの都市ガス市場は、東京ガスや大阪ガスなど、各エリアの都市ガス会社が地域独占していました。しかし、ガス自由化で新規企業が参入すると価格競争が進み、従来よりも安いガス料金プランなどが登場します。今回は、どんな企業が新たにガス自由化に参入し、どのように価格競争が進むかについて、詳しくお伝えします。

Q1.なぜ、ガス自由化でガス料金が安くなるの?

私たちが期待するガス自由化のメリットは、やはりガス代が安くなることですが、ガス料金が安くなる仕組みも知っておきましょう。
日本で使用されるガスは、一部の国産ガス(全体の3%)を除いて、原料であるLNG(液化天然ガス)のほとんどを海外から輸入しています。これまでのガス料金の計算法である「総括原価方式」では、LNGの輸入や輸送にコストがかかっても、十分な採算が上げられる仕組みになっていたので、ガス会社は価格よりも安定性を重視し、紛争などのリスクが少ない原産地と10年単位の長期契約を結んでLNGを仕入れていました。
しかし、ガス自由化後は「安く仕入れ安く販売する」という市場原理が働きますので、他社よりも料金を下げるためにも、より安くLNGを仕入れる必要があります。例えばガス会社によっては1年程度のスポット契約に切り替え、その年ごとに最もコストがかからない産地からLNGを購入するようになるかも知れません。こうした企業努力を各社が行うことにより、私たちが支払うガス料金の単価が安くなるとされています。

Q2.ガス自由化では、どんな企業が参入するの?

電力自由化では、ガス会社や商社、石油会社、さらには携帯電話会社などが電力事業に新たに参入し、大きな話題になりましたね。
ガス自由化でも、きっと同じことが起こるはずです。中でも台風の目となりそうなのはやはり電力会社。すでに東京電力や関西電力などの大手電力会社は正式に家庭向けガス事業への参入表明をしており、関西電力は2016年10月に第一号で小売事業者登録されました。

Q3.なぜ電力会社はガス事業に参入できるの?

ガスの原料であるLNGを最も多く使っているのは、当然ガス会社だろうと考えがちですが、実は日本でLNGを最も多く使用しているのは電力会社なのです。
東京電力と中部電力のLNG調達の合弁会社であるJERAでは、年間4,000万トンものLNGを輸入しています。一方の東京ガスのLNG輸入量は年間1,400万トン、大阪ガスは700万トン。電力会社のLNGの大部分は、これまで主に火力発電などに利用されてきましたが、LNGを大量に、安く入手できるルートがあることはガス事業においても大きな強みになるはずです。
一方、ガス会社最大手の東京ガスでは、JERAへの対抗策をとして、年間4,000万トン近いLNGを調達している「韓国ガス公社」と提携を進めるなど、これまで以上に大量のLNGを安く調達できるルートを整備しつつあります。
ガス自由化はLNG輸入が鍵

電力会社とガス会社を中心にこうした競争が進めば、電力自由化のときよりも割引率の高い電力とガスのセットプランなどが登場するかも知れません。健全な競争が、私たちにとってオトクなガス料金プランの登場につながることを期待したいですね。

エネチェンジではガス自由化の情報も、たくさんお届けしていきます。電力自由化もガス自由化もエネチェンジ電力比較をぜひご活用ください。

ガス自由化Q&Aをもっと読む
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。