エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧

シン・エナジーの電気料金は高い?評判やデメリットなどを紹介

シン・エナジーの電気料金は高い?評判やデメリットなどを紹介

この記事の目次

本記事では、シン・エナジーのプランのメリット・デメリットなど、申し込み前に知っておきたい情報についてご紹介します。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均32,588円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2024年1月1日~2024年3月31日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

更新日
2024年5月16日

高い?安い?シン・エナジーと東京電力EPを比較

ここでは、シン・エナジー「きほんプラン」と東京電力エナジーパートナー(以下、東京電力EP)「スタンダードS」の1カ月の電気料金を比較。東京電力エリアにお住まいで、契約アンペア数は30Aでシミュレーションしてみました。

シン・エナジー「きほんプラン」と東京電力EP「スタンダードS」の料金比較表

1カ月の使用電力量シン・エナジー「きほんプラン」東京電力エリア料金(消費税率10%)東京電力EP「スタンダードS」料金(消費税率10%)差額
100kWh2927円3350円-423円
200kWh5466円6293円-827円
300kWh8108円9368円-1260円
400kWh11043円12852円-1809円
500kWh13978円16336円-2358円

シン・エナジー「きほんプラン」は「基本料金+電力量料金±電源調達調整費+再生可能エネルギー発電促進賦課金+容量拠出金相当額」で計算。東京電力EP「スタンダードS」は「基本料金+電力量料金±燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金」で計算。シン・エナジーの電源調達調整費と東京電力EPの燃料費調整額は、電気・ガス価格激変緩和対策事業の補助金(1kWhあたり-3円50銭)を含む2024年5月のものを使用。シン・エナジーの容量拠出金相当額は、2024年度分を使用。

上記使用電力量の場合、東京電力EP「スタンダードS」と比較してシン・エナジー「きほんプラン」の方が安いです。

また、シン・エナジーにはJALマイルの還元があります。例えば、契約アンペアが30Aで1カ月の使用電力量が300kWhだった場合、JALマイルが31マイル貯まります。

契約中の電力会社や使用状況によっても、適した電力会社は変わってきます。エネチェンジでは、郵便番号などの情報を入力するだけで、節約につながる電力会社を見つけられます。そのまま申し込みもできるので、ぜひ活用ください。

シン・エナジーとは

ここでは、シン・エナジーの電気料金プランや供給エリアなど、基本的な情報をご紹介します。

シン・エナジーの基本情報

シン・エナジーは、再生可能エネルギー発電事業や、エネルギーマネジメントシステムの開発などに携わる企業、シン・エナジー株式会社が販売する電力サービス。小売電気事業には、2016年4月の電力自由化当初から参入しています。

自社の「シン・エナジー」ブランドのほか、株式会社マネーフォワードが販売する「マネーフォワードでんき」の電力供給も行っています。

シン・エナジーの基本情報

供給エリア北海道電力エリア・東北電力エリア・東京電力エリア・中部電力エリア・北陸電力エリア・関西電力エリア・中国電力エリア・四国電力エリア・九州電力エリア・沖縄電力エリア
電気ガスセット割なし
オール電化住宅向けプランなし
調整費用の種類電源調達調整費※日本卸電力取引所の市場価格と連動(沖縄電力エリアのみ、上限なしの燃料費調整額)
契約手数料なし
解約金なし
クレジットカード利用可能
ポイント還元あり
運営する電力会社シン・エナジー株式会社

北海道電力エリアは、エネチェンジからは申し込めません。

シン・エナジーは、こんな人におすすめ!

  1. 昼間または夜間の電気料金が安くなるプランを探している人
  2. JALマイルを貯めている人

 

シン・エナジーの電気料金プラン

シン・エナジーの電気料金プランには、エリアごとに次の種類があります。

全エリア
きほんプラン
一般家庭向けで、旧一般電気事業者の従量電灯プランに相当するプラン。
【夜】生活フィットプラン
一般家庭向けで、夜間(平日23時~翌6時および休日22時~翌8時)の電力量料金単価が昼間と比べて割安。また、電力量料金単価が電気使用量にかかわらず、一律に設定されたプラン。
【昼】生活フィットプラン
一般家庭向けで、昼間(平日9時~16時および休日8時~22時)の電力量料金単価が夜間と比べて割安。また、電力量料金単価が電気使用量にかかわらず、一律に設定されたプラン。

旧一般電気事業者の従量電灯プランとは、北海道電力・東北電力・東京電力エナジーパートナー・中部電力ミライズ・北陸電力・九州電力の「従量電灯B/C」、関西電力・四国電力・中国電力の「従量電灯A/B」、沖縄電力の「従量電灯」を指します。

沖縄電力エリア以外のエリア
プランB/C
電気を多く使う家庭や、商店・事務所向けで、旧一般電気事業者の従量電灯プランに相当するプラン。

シン・エナジーの電気料金算定方法について

シン・エナジーの料金算定方法は、エリアによって異なります。沖縄電力エリア以外の料金算定方法は、次のとおりです。

シン・エナジーの電気料金算定方法(沖縄電力エリア以外)

このうち、「電源調達調整費」に含まれる「電源調達調整単価」が日本卸電力取引所(JEPX)の市場価格に連動しており、毎月変動します。また、沖縄電力エリアの料金算定方法は、次のとおりです。

シン・エナジーの電気料金算定方法(沖縄電力エリア)
  • 基本料金(最低料金)+電力量料金±燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金

このうち、燃料費調整額は1カ月ごとに変動します。また、シン・エナジーでは燃料費調整額の上限を設定していません。

よい・悪い口コミは?シン・エナジーの評判

ここでは、実際にエネチェンジを利用してシン・エナジーに切り替えた方からの、さまざまな口コミを紹介します。

口コミは2024年2月1日に更新したものです。

シン・エナジーのよい口コミ・評判

  1. ポテトさん

    JALのマイルが貯まるので嬉しい。今後も利用していきたい。(【夜】生活フィットプラン)

  2. 電気料金節約

    実施おじさんさん

    申し込み後、すぐに受付の連絡があった。供給開始の前にお知らせがあった。(【昼】生活フィットプラン)

  3.  

  4. maruhaさん

    基本的にメールのやり取りですが、緊急時には電話での問い合わせにも対応頂きました。(【夜】生活フィットプラン)

  5. マメさん

    丁寧な電話対応で、とてもわかりやすく説明してくださり大変助かった。(きほんプラン)

  6. ニャーオさん

    丁寧なメールが来て、特に不安はありませんでした。

  7. ひろさん

    ネットでいつでもみれますし、時間帯ごとの使用量を確認できるので、プランが適当か確認しやすいです。(【夜】生活フィットプラン)

  8. ササキさん

    見える化サービスで単価ごとの使用量が大体分かること。(【昼】生活フィットプラン)

ここで紹介している口コミは、電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」で実際に切り替えたユーザーから投稿いただいたものです。

シン・エナジーのよい口コミには、JALのマイルが貯まる点や、電話やメール対応の丁寧さ、マイページの利便性を評価する意見が見られました。

シン・エナジーは怪しい?悪い口コミ・評判

  1. rinchanさん

    ポイント設定がないのでお得感があまりない。(【夜】生活フィットプラン)

  2. ホワイトニング

    パソコンさん

    セット割りなどの特典がないことが少し残念です。(【夜】生活フィットプラン)

  3.  

  4. まーぶるさん

    マイル以外で何か特典があればいいなとは思います。(【昼】生活フィットプラン)

  5. てつおさん

    楽天やVポイント(旧:Tポイント)など、もっと汎用的なサービスとも提携してくれればポイント高いです。
    スマホから電気料金を見るのに毎回PDFをダウンロードさせられるのが面倒くさいと思いました。(きほんプラン)

  6. はちさん

    切り替えまで、約1カ月待たされたので、もう少し早まるとよい。(【昼】生活フィットプラン)

  7. chorinmikaさん

    いつ切り替わるのかなどが少しわかりにくかった。(きほんプラン)

  8. るんさん

    若干繋がるまでに時間がかかりましたが、忙しいと思うのでしょうがないかなと思います。(【昼】生活フィットプラン)

  9. だんじきちゃんさん

    サイトの請求書確認がどこなのか分かりづらい。
    必ずどこかで違うところクリックして、一回で請求書を見た事がない。(【昼】生活フィットプラン)

  10. エマタロウさん

    他社との比較がわからない点が改善して欲しい。(【昼】生活フィットプラン)

  11. liliopさん

    CO2排出量の少ない発電を徐々に増やして欲しいです。(【昼】生活フィットプラン)

ここで紹介している口コミは、電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」で実際に切り替えたユーザーから投稿いただいたものです。

シン・エナジーの悪い口コミには、切り替えまでに時間がかかることや、ポイント還元がJALマイルしかないこと、ガスセット割引などの特典がないことを指摘する意見が見られました。

【シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン(40A)」契約者】KKさんの口コミ

シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン(40A)」を契約しているKKさんに、切り替えを決めた理由や過去1年間の電気代などについて伺いました。

  1. KKさん

    仕事がリモートワークのため昼の電気代が安いプランにしたく、エルピオでんきからシン・エナジー「【昼】生活フィットプラン(40A)」に切り替えました。

    シン・エナジーに切り替えて、電気代がかなり安くなったのでおおむね満足です。マイページが整っていて見やすいところが気に入っています。今のところ不満はありません。

KKさんの基本情報
  • 居住地:東京都
  • 居住形態:一人暮らし
  • 住居の種類・間取り:アパート(1K)
  • 契約中のプラン:シン・エナジー「昼生活フィットプラン(40A)」
  • 日中の在宅状況:全員が家にいる
  • 夜間の在宅状況:22時以降まで夜更かし
  • よく使う家電:エアコン・パソコン
シン・エナジーの満足度(KKさん)
項目満足度
総合満足度★★★★★
電気料金の安さ★★★★★
特典・付帯サービス★★★☆☆
マイページの使いやすさ★★★★☆
サポートサービス★★★☆☆
KKさんの毎月の使用電力量と電気代の推移
年月使用電力量(kWh)電気代(円)
2024年1月262kWh6170円
2023年12月170kWh5366円
2023年11月156kWh4527円
2023年10月218kWh5854円
2023年9月340kWh6677円
2023年8月374kWh7504円
2023年7月364kWh6476円
2023年6月178kWh3642円
2023年5月150kWh2969円
2023年4月153kWh5076円
2023年3月137kWh4841円
2023年2月194kWh6810円

シン・エナジーのメリット・デメリット

ここでは、シン・エナジーのメリット・デメリットについてご紹介します。

  1. 生活スタイルに合わせたプランがある
  2. JALマイルがたまる
  3. 解約金がない
  1. 20A以下は契約できない
  2. 市場価格が高騰すると電気料金が高くなる場合がある
  3. オール電化住宅向けのプランがない
  4. ガスなどのセットプランがない

シン・エナジーのメリット

シン・エナジーのメリットには、次のようなものがあります。

メリット1)生活スタイルに合わせたプランがある

シン・エナジーの「【夜】生活フィットプラン」「【昼】生活フィットプラン」は、それぞれ夜間と昼間の電力量料金単価が、ほかの時間帯と比べて割安に設定されています。時間帯の区分は次のとおりです。

「【夜】生活フィットプラン」「【昼】生活フィットプラン」の時間帯区分
  • デイタイム 平日9時~16時・休日8時~22時
  • ライフタイム 平日6時~9時および16時~23時
  • ナイトタイム 平日23時~翌6時・休日22時~翌8時

「休日」とは、土曜日、日曜日、「国民の休日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日を指します。

「【夜】生活フィットプラン」は上記のうちナイトタイムが、「【昼】生活フィットプラン」は上記のうちデイタイムが、ほかの時間帯に比べて割安に設定されています。自身のライフスタイルに合ったプランを選ぶことで、電気代の節約に繋げられます。

メリット2)JALマイルがたまる

シン・エナジーでは、電気代の支払い額200円(再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税相当額を除く)につき、JALマイルが1マイル貯まるのがメリット。

また、支払い方法にJALカードを選択している場合、電気代によるマイルとJALカードの支払いによるマイルが両方貯まるので、効率よくマイルを貯めることができますよ。

メリット3)解約金がない

シン・エナジーは、契約期間内の解約であっても解約金が発生しません。シン・エナジーに切り替えてみて、自身のライフスタイルに合わなかった場合でも、気軽に切り替えることができます。

シン・エナジーのデメリット

シン・エナジーのデメリットには、次のようなものがあります。

デメリット1)20A以下は契約できない

シン・エナジーの電気料金プランは、アンペア制のエリアでは契約アンペアが30A以上に限定されています。一人暮らしなど、電気を使う量が少ない家庭で契約アンペアが10~15Aの場合、シン・エナジーに申し込むことができません。

デメリット2)市場価格が高騰すると電気料金が高くなる場合がある

シン・エナジーの電気料金は、一部の項目が日本卸電力取引所(JEPX)の市場価格に連動しています。市場価格の変動によっては、電気代が高くなってしまう可能性があります。

デメリット3)オール電化住宅向けのプランがない

シン・エナジーでは、オール電化向けの電気料金プランを扱っていません。オール電化にお住まいの方がシン・エナジーに切り替えると、かえって電気代が高くなってしまう可能性があります。

デメリット4)ガスなどのセットプランがない

シン・エナジーには、都市ガスやインターネット回線といった別サービスがないため、ガスとのセットプランや、ガスセット割引などの特典がありません。こうした別サービスとのセット特典を重視する人にとっては、デメリットに感じるかもしれません。

【エリア別】高い?シン・エナジーの料金表

ここではシン・エナジーの料金表について、エリア別にご紹介します。

【北海道電力エリア】シン・エナジーの電気料金プラン

シン・エナジーの北海道電力エリア向けの電気料金プランには、「きほんプラン」「【夜】生活フィットプラン」「【昼】生活フィットプラン」「プランC」などがあります。

「きほんプラン」

区分単位シン・エナジー「きほんプラン」北海道電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金30A1契約1092円00銭
40A1466円00銭
50A1840円00銭
60A2214円00銭
電力量料金~120kWh1kWh25円18銭
121kWh〜280kWh29円08銭
281kWh〜30円98銭

シン・エナジー「きほんプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

「【夜】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」北海道電力エリア料金(消費税10%)
基本料金30A1契約1092円00銭
40A1466円00銭
50A1840円00銭
60A2214円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh29円11銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)34円03銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)25円65銭

シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なります。また、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定されており、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は23時~翌6時、休日は22時~翌8時の電力量料金が割安に設定されているので、共働きなどで平日の昼間は在宅していない方、毎日夕方~夜に家事をする方、夜間や休日に電気をたくさん使うライフスタイルの方におすすめです。

「【昼】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」北海道電力エリア料金(消費税10%)
基本料金30A1契約1092円00銭
40A1466円00銭
50A1840円00銭
60A2214円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh24円46銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)35円53銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)28円49銭

シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なります。また、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定されており、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は9時~16時、休日は8時~22時の電力量料金単価がもっとも割安に設定されているので、テレワークなどで昼間の在宅時間が長い方、ペットのために日中はエアコンを付けている方、外出の機会が少なく昼間も家にいることが多い方におすすめです。

「プランC」

区分単位シン・エナジー「プランC」北海道電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金1kVA369円00銭
電力量料金~120kWh1kWh25円18銭
121kWh〜280kWh29円08銭
281kWh〜30円08銭

シン・エナジー「プランC」は、電気を多く使う家庭や商店・事務所向けの電気料金プランです。基本料金は契約容量によって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

【東北電力エリア】シン・エナジーの電気料金プラン

シン・エナジーの東北電力エリア向けの電気料金プランには、「きほんプラン」「【夜】生活フィットプラン」「【昼】生活フィットプラン」「プランC」などがあります。

「きほんプラン」

区分単位シン・エナジー「きほんプラン」東北電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金30A1契約1099円63銭
40A1466円18銭
50A1831円70銭
60A2198円25銭
電力量料金~120kWh1kWh18円64銭
121kWh〜300kWh24円75銭
301kWh〜27円12銭

シン・エナジー「きほんプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

「【夜】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」東北電力エリア料金(消費税10%)
基本料金30A1契約819円00銭
40A1070円00銭
50A1321円00銭
60A1572円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh25円30銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)31円70銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)17円93銭

シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なります。また、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定されており、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は23時~翌6時、休日は22時~翌8時の電力量料金が割安に設定されているので、共働きなどで平日の昼間は在宅していない方、毎日夕方~夜に家事をする方、夜間や休日に電気をたくさん使うライフスタイルの方におすすめです。

「【昼】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」東北電力エリア料金(消費税10%)
基本料金30A1契約819円00銭
40A1070円00銭
50A1321円00銭
60A1572円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時、 休日8時~22時)1kWh19円15銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)32円25銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)22円08銭

シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なります。また、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定されており、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は9時~16時、休日は8時~22時の電力量料金単価がもっとも割安に設定されているので、テレワークなどで昼間の在宅時間が長い方、ペットのために日中はエアコンを付けている方、外出の機会が少なく昼間も家にいることが多い方におすすめです。

「プランC」

区分単位シン・エナジー「プランC」東北電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金1kVA361円67銭
電力量料金~120kWh1kWh18円90銭
121kWh〜300kWh20円68銭
301kWh〜22円96銭

シン・エナジー「プランC」は、電気を多く使う家庭や商店・事務所向けの電気料金プランです。基本料金は契約容量によって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

【東京電力エリア】シン・エナジーの電気料金プラン

シン・エナジーの東京電力エリア向けの電気料金プランには、「きほんプラン」「【夜】生活フィットプラン」「【昼】生活フィットプラン」「プランC」などがあります。

「きほんプラン」

区分単位シン・エナジー「きほんプラン」東京電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金30A1契約796円06銭
40A1061円41銭
50A1326円76銭
60A1592円12銭
電力量料金〜120kWh1kWh19円67銭
121kWh〜300kWh24円78銭
301kWh〜27円71銭

シン・エナジー「きほんプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

「【夜】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」東京電力エリア料金(消費税10%)
基本料金30A1契約565円20銭
40A753円60銭
50A942円00銭
60A1130円40銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh26円25銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)32円65銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)18円88銭

シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なります。また、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定されており、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は23時~翌6時、休日は22時~翌8時の電力量料金が割安に設定されているので、共働きなどで平日の昼間は在宅していない方、毎日夕方~夜に家事をする方、夜間や休日に電気をたくさん使うライフスタイルの方におすすめです。

「【昼】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」東京電力エリア料金(消費税10%)
基本料金30A1契約565円20銭
40A753円60銭
50A942円00銭
60A1130円40銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh20円05銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)32円65銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)22円98銭

シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なります。また、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定されており、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は9時~16時、休日は8時~22時の電力量料金単価がもっとも割安に設定されているので、テレワークなどで昼間の在宅時間が長い方、ペットのために日中はエアコンを付けている方、外出の機会が少なく昼間も家にいることが多い方におすすめです。

「プランC」

区分単位シン・エナジー「プランC」東京電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金1kVA297円83銭
電力量料金~120kWh1kWh19円78銭
121kWh〜300kWh20円57銭
301kWh〜22円90銭

シン・エナジー「プランC」は、電気を多く使う家庭や商店・事務所向けの電気料金プランです。基本料金は契約容量によって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

【中部電力エリア】シン・エナジーの電気料金プラン

シン・エナジーの中部電力エリア向けの電気料金プランには、「きほんプラン」「【夜】生活フィットプラン」「【昼】生活フィットプラン」「プランC」などがあります。

「きほんプラン」

区分単位シン・エナジー「きほんプラン」中部電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金30A1契約857円95銭
40A1145円59銭
50A1430円25銭
60A1715円91銭
電力量料金〜120kWh1kWh20円69銭
121kWh~300kWh24円16銭
301kWh~25円53銭

シン・エナジー「きほんプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

「【夜】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」中部電力エリア料金(消費税10%)
基本料金30A1契約708円00銭
40A933円00銭
50A1158円00銭
60A1383円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh24円20銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)31円60銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)18円33銭

シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なります。また、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定されており、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は23時~翌6時、休日は22時~翌8時の電力量料金が割安に設定されているので、共働きなどで平日の昼間は在宅していない方、毎日夕方~夜に家事をする方、夜間や休日に電気をたくさん使うライフスタイルの方におすすめです。

「【昼】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」中部電力エリア料金(消費税10%)
基本料金30A1契約708円00銭
40A933円00銭
50A1158円00銭
60A1383円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh19円35銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)32円40銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)22円45銭

シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なります。また、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定されており、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は9時~16時、休日は8時~22時の電力量料金単価がもっとも割安に設定されているので、テレワークなどで昼間の在宅時間が長い方、ペットのために日中はエアコンを付けている方、外出の機会が少なく昼間も家にいることが多い方におすすめです。

「プランC」

区分単位シン・エナジー「プランC」中部電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金1kVA290円48銭
電力量料金〜120kWh1kWh20円48銭
121kWh~300kWh24円35銭
301kWh~25円13銭

シン・エナジー「プランC」は、電気を多く使う家庭や商店・事務所向けの電気料金プランです。基本料金は契約容量によって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

【北陸電力エリア】シン・エナジーの電気料金プラン

シン・エナジーの北陸電力エリア向けの電気料金プランには、「きほんプラン」「【夜】生活フィットプラン」「【昼】生活フィットプラン」「プランC」などがあります。

「きほんプラン」

区分単位シン・エナジー「きほんプラン」北陸電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金30A1契約885円72銭
40A1180円96銭
50A1476円20銭
60A1771円44銭
電力量料金〜120kWh1kWh17円68銭
121kWh〜300kWh21円16銭
301kWh〜23円12銭

シン・エナジー「きほんプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

「【夜】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」北陸電力エリア料金(消費税10%)
基本料金30A1契約834円00銭
40A1079円00銭
50A1324円00銭
60A1569円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh22円22銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)25円71銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)17円41銭

シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なります。また、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定されており、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は23時~翌6時、休日は22時~翌8時の電力量料金が割安に設定されているので、共働きなどで平日の昼間は在宅していない方、毎日夕方~夜に家事をする方、夜間や休日に電気をたくさん使うライフスタイルの方におすすめです。

「【昼】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」北陸電力エリア料金(消費税10%)
基本料金30A1契約834円00銭
40A1079円00銭
50A1324円00銭
60A1569円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh18円82銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)25円51銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)21円21銭

シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なります。また、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定されており、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は9時~16時、休日は8時~22時の電力量料金単価がもっとも割安に設定されているので、テレワークなどで昼間の在宅時間が長い方、ペットのために日中はエアコンを付けている方、外出の機会が少なく昼間も家にいることが多い方におすすめです。

「プランC」

区分単位シン・エナジー「プランC」北陸電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金1kVA298円98銭
電力量料金~120kWh1kWh17円11銭
121kWh〜300kWh19円89銭
301kWh〜21円21銭

シン・エナジー「プランC」は、電気を多く使う家庭や商店・事務所向けの電気料金プランです。基本料金は契約容量によって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

【関西電力エリア】シン・エナジーの電気料金プラン

シン・エナジーの関西電力エリア向けの電気料金プランには、「きほんプラン」「【夜】生活フィットプラン」「【昼】生活フィットプラン」「プランB」などがあります。

「きほんプラン」

区分単位シン・エナジー「きほんプラン」関西電力エリア料金(消費税率10%)
最低料金~15kWh1契約396円81銭
電力量料金16kWh~120kWh1kWh19円81銭
121kWh~300kWh23円83銭
301kWh~27円30銭

シン・エナジー「きほんプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。最低料金が設定されており、電力量料金は3段階に設定されています。

「【夜】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」関西電力エリア料金(消費税10%)
基本料金1契約440円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh24円32銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)27円81銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)19円51銭

シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金が設定されており、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定。加えて、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は23時~翌6時、休日は22時~翌8時の電力量料金が割安に設定されているので、共働きなどで平日の昼間は在宅していない方、毎日夕方~夜に家事をする方、夜間や休日に電気をたくさん使うライフスタイルの方におすすめです。

「【昼】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」関西電力エリア料金(消費税10%)
基本料金1契約440円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh21円07銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)27円76銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)23円46銭

シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金が設定されており、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定。加えて、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は9時~16時、休日は8時~22時の電力量料金単価がもっとも割安に設定されているので、テレワークなどで昼間の在宅時間が長い方、ペットのために日中はエアコンを付けている方、外出の機会が少なく昼間も家にいることが多い方におすすめです。

「プランB」

区分単位シン・エナジー「プランB」関西電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金1kVA336円36銭
電力量料金~120kWh1kWh17円72銭
121kWh〜300kWh19円23銭
301kWh〜21円37銭

シン・エナジー「プランB」は、電気を多く使う家庭や商店・事務所向けの電気料金プランです。基本料金は契約容量によって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

【中国電力エリア】シン・エナジーの電気料金プラン

シン・エナジーの中国電力エリア向けの電気料金プランには、「きほんプラン」「【夜】生活フィットプラン」「【昼】生活フィットプラン」「プランB」などがあります。

「きほんプラン」

区分単位シン・エナジー「きほんプラン」中国電力エリア料金(消費税率10%)
最低料金~15kWh1契約420円81銭
電力量料金16kWh〜120kWh1kWh21円44銭
121kWh〜300kW25円67銭
301kWh〜28円42銭

シン・エナジー「きほんプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。最低料金が設定されており、電力量料金は3段階に設定されています。

「【夜】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」中国電力エリア料金(消費税10%)
基本料金1契約473円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh26円14銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)29円63銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)21円33銭

シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金が設定されており、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定。加えて、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は23時~翌6時、休日は22時~翌8時の電力量料金が割安に設定されているので、共働きなどで平日の昼間は在宅していない方、毎日夕方~夜に家事をする方、夜間や休日に電気をたくさん使うライフスタイルの方におすすめです。

「【昼】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」中国電力エリア料金(消費税10%)
基本料金1契約473円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh22円47銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)29円16銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)24円86銭

シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金が設定されており、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定。加えて、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は9時~16時、休日は8時~22時の電力量料金単価がもっとも割安に設定されているので、テレワークなどで昼間の在宅時間が長い方、ペットのために日中はエアコンを付けている方、外出の機会が少なく昼間も家にいることが多い方におすすめです。

「プランB」

区分単位シン・エナジー「プランB」中国電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金1kVA419円34銭
電力量料金~120kWh1kWh18円75銭
121kWh〜300kWh23円33銭
301kWh〜23円62銭

シン・エナジー「プランB」は、電気を多く使う家庭や商店・事務所向けの電気料金プランです。基本料金は契約容量によって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

【四国電力エリア】シン・エナジーの電気料金プラン

シン・エナジーの四国電力エリア向けの電気料金プランには、「きほんプラン」「【夜】生活フィットプラン」「【昼】生活フィットプラン」「プランB」などがあります。

「きほんプラン」

区分単位シン・エナジー「きほんプラン」四国電力エリア料金(消費税率10%)
最低料金~11kWh1契約448円96銭
電力量料金12kWh~120kWh1kWh20円83銭
121kWh~300kWh26円94銭
301kWh~28円27銭

シン・エナジー「きほんプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。最低料金が設定されており、電力量料金は3段階に設定されています。

「【夜】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」四国電力エリア料金(消費税10%)
基本料金1契約513円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh26円59銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)31円08銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)21円28銭

シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金が設定されており、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定。加えて、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は23時~翌6時、休日は22時~翌8時の電力量料金が割安に設定されているので、共働きなどで平日の昼間は在宅していない方、毎日夕方~夜に家事をする方、夜間や休日に電気をたくさん使うライフスタイルの方におすすめです。

「【昼】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」四国電力エリア料金(消費税10%)
基本料金1契約513円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh22円84銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)29円53銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)25円23銭

シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金が設定されており、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定。加えて、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は9時~16時、休日は8時~22時の電力量料金単価がもっとも割安に設定されているので、テレワークなどで昼間の在宅時間が長い方、ペットのために日中はエアコンを付けている方、外出の機会が少なく昼間も家にいることが多い方におすすめです。

「プランB」

区分単位シン・エナジー「プランB」四国電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金1kVA403円94銭
電力量料金~120kWh1kWh16円74銭
121kWh〜300kWh20円81銭
301kWh〜22円85銭

シン・エナジー「プランB」は、電気を多く使う家庭や商店・事務所向けの電気料金プランです。基本料金は契約容量によって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

【九州電力エリア】シン・エナジーの電気料金プラン

シン・エナジーの九州電力エリア向けの電気料金プランには、「きほんプラン」「【夜】生活フィットプラン」「【昼】生活フィットプラン」「プランC」などがあります。

「きほんプラン」

区分単位シン・エナジー「きほんプラン」九州電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金30A1契約939円81銭
40A1229円32銭
50A1506円95銭
60A1719円24銭
電力量料金〜120kWh1kWh18円08銭
121kWh〜300kWh22円21銭
301kWh〜24円25銭

シン・エナジー「きほんプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

「【夜】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」九州電力エリア料金(消費税10%)
基本料金30A1契約797円00銭
40A1045円00銭
50A1293円00銭
60A1541円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh22円05銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)29円45銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)16円18銭

シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なります。また、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定されており、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は23時~翌6時、休日は22時~翌8時の電力量料金が割安に設定されているので、共働きなどで平日の昼間は在宅していない方、毎日夕方~夜に家事をする方、夜間や休日に電気をたくさん使うライフスタイルの方におすすめです。

「【昼】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」九州電力エリア料金(消費税10%)
基本料金30A1契約797円00銭
40A1045円00銭
50A1293円00銭
60A1541円00銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh16円75銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)29円65銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)21円30銭

シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペアによって異なります。また、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定されており、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は9時~16時、休日は8時~22時の電力量料金単価がもっとも割安に設定されているので、テレワークなどで昼間の在宅時間が長い方、ペットのために日中はエアコンを付けている方、外出の機会が少なく昼間も家にいることが多い方におすすめです。

「プランC」

区分単位シン・エナジー「プランC」九州電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金1kVA307円03銭
電力量料金〜120kWh1kWh18円11銭
121kWh~300kWh18円62銭
301kWh~21円17銭

シン・エナジー「プランC」は、電気を多く使う家庭や商店・事務所向けの電気料金プランです。基本料金は契約容量によって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

【沖縄電力エリア】シン・エナジーの電気料金プラン

シン・エナジーの沖縄電力エリア向けの電気料金プランには、「きほんプラン」「【夜】生活フィットプラン」「【昼】生活フィットプラン」などがあります。

「きほんプラン」

区分単位シン・エナジー「きほんプラン」沖縄電力エリア料金(消費税率10%)
最低料金~10kWh1契約428円67銭
電力量料金11kWh〜120kWh1kWh24円81銭
121kWh〜300kWh29円39銭
301kWh〜30円41銭

シン・エナジー「きほんプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。最低料金が設定されており、電力量料金は3段階に設定されています。

「【夜】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」沖縄電力エリア料金(消費税10%)
基本料金1契約403円21銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh30円85銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)28円35銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)24円18銭

シン・エナジー「【夜】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金が設定されており、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定。加えて、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は23時~翌6時、休日は22時~翌8時の電力量料金が割安に設定されているので、共働きなどで平日の昼間は在宅していない方、毎日夕方~夜に家事をする方、夜間や休日に電気をたくさん使うライフスタイルの方におすすめです。

「【昼】生活フィットプラン」

区分単位シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」沖縄電力エリア料金(消費税10%)
基本料金1契約403円21銭
電力量料金デイタイム(平日9時~16時・休日8時~22時)1kWh24円48銭
ライフタイム(平日6時~9時および16時~23時)28円35銭
ナイトタイム(平日23時~翌6時・休日22時~翌8時)25円68銭

シン・エナジー「【昼】生活フィットプラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金が設定されており、電力量料金は3つの時間帯ごとに単価が設定。加えて、電気使用量にかかわらず一律になっています。

平日は9時~16時、休日は8時~22時の電力量料金単価がもっとも割安に設定されているので、テレワークなどで昼間の在宅時間が長い方、ペットのために日中はエアコンを付けている方、外出の機会が少なく昼間も家にいることが多い方におすすめです。

シン・エナジーの値上げ・改定情報はある?

シン・エナジーは2023年11月請求分から、「【昼】生活フィットプラン」「【夜】生活フィットプラン」の時間帯区分と料金単価について、改定を実施しました。最新の値上げ・改定情報については、シン・エナジーのホームページなどで確認しておきましょう。

シン・エナジーの契約方法・契約に関する情報

ここではシン・エナジーの契約方法や、契約に関する情報についてご紹介します。

現住所での切り替え手続き・契約方法

現住所でシン・エナジーに切り替える場合、次の流れで契約をします。現在契約中の電力会社に解約の連絡は不要。また、事務手数料など初期費用もかからず、工事なども発生しません。

Step1.契約に必要な情報を用意する
供給地点特定番号や支払いに使用するクレジットカード・口座番号などの情報を用意します。
Step2.Webで手続きをする
シン・エナジーは、Webで申し込みをします。検針表または現在契約中の電力会社のマイページを見ながら手続きをするとスムーズですよ。重要事項説明書や約款の内容も念入りに確認しましょう。
Step3.使用開始日の確認をする
Webでの手続きが終われば、あとは待つだけ。申し込み完了後に切り替え日のお知らせが届くので、必ず確認をしてください。

引越し先で申し込む場合の手続き・契約方法

引越し先で初めてシン・エナジーと契約する場合、次の流れで契約をします。旧居で契約していた電力会社の解約も忘れずに行っておきましょう。

Step1.電気料金プランを選ぶ
契約したい電気料金プランを選びます。
Step2.開通手続きをする
引越し先で初めてシン・エナジーと契約する場合、電気の開通手続きを申し込む必要があります。手続きは、使用開始予定日の3営業日前まで申し込みができます。

シン・エナジーのキャンペーン情報

シン・エナジーでは、時期によってはキャンペーンを実施しています。キャンペーン期間中に申し込むことでお得に切り替えることができるので、シン・エナジーを検討している方は、ホームページなどをチェックしておきましょう。

シン・エナジーのよくある質問

ここではシン・エナジーに関する質問について、Q&A形式でお答えします。

Q1)シン・エナジーに切り替えると停電は増える?

シン・エナジーに切り替えたからといって、停電が増えたり、電気の質が変わることはありません。電線や電柱といった送電網の保守管理は、これまでと同じ一般送配電事業者が行うため、安心して電気を利用できます。

Q2)賃貸住宅でもシン・エナジーに切り替えられる?

賃貸住宅にお住まいの場合でも、シン・エナジーに切り替えられます。ただし建物全体が高圧一括受電契約をしている場合は切り替えられないので注意。高圧一括受電契約かわからない方は、管理会社に確認してみましょう。

Q3)法人も契約できる?

シン・エナジーでは、法人向けの低圧電力・高圧電力プランも扱っており、高圧電力プランは市場連動型のプランとなっています。詳しくはシン・エナジーのホームページなどで確認するようにしましょう。

シン・エナジーの契約前にメリット・デメリットをチェックしよう!

シン・エナジーは、JALマイルによるポイント還元や、時間帯によって電力量料金単価が変動するプランが特徴。シン・エナジーを検討している方は、同様のJALマイル還元がある電力会社・電気料金プランとあわせて比較することをおすすめします。。

電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などの情報を入力するだけであなたにぴったりの電力会社・電気料金プランを見つけられます。ぜひ一度試してみてくださいね。

この記事を書いた人

エネチェンジ編集部

エネチェンジ編集部

エネチェンジ内のメディア「でんきと暮らしの知恵袋」の記事を執筆しています。電気・ガスに関する記事のほか、節約術など生活に役立つ情報も配信しています。

twitter Facebook
  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる?
電気料金を 比較・節約!
引越しでの比較はこちら お使いの新電力と比較する
旧一般電気事業者の自由料金プランから切り替えた場合の節約額をシミュレーションします。別のプランをご利用の場合は「お使いの新電力と比較する」より、電力会社をお選びください。 (比較対象の電気料金プランについて)
郵便番号
-
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、上のボタンを押してください。