エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン テレワーク応援で限定特典も! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 【2020最新版】冷蔵庫、両開き(左右開き)タイプの電気代や特徴を比較まとめ!
 

【2020最新版】冷蔵庫、両開き(左右開き)タイプの電気代や特徴を比較まとめ!

電気代の節約、節電テクニック

両開き(左右開き)タイプの冷蔵庫はシャープ独自の技術。2019年1月〜2020年1月までに発売された、シャープの最新冷蔵庫・両開き(左右開き)タイプ「どっちもドア」モデルの電気代や特徴を比較し、ご紹介しています。

冷蔵庫の扉のタイプはスタンダードな「片開き」に加え、「両開き(左右開き)」「観音開き」があります。今回は、両開き(左右開き)タイプの冷蔵庫についてくわしくご紹介します。

1400万世帯以上が切り替えています
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

冷蔵庫の両開き(左右開き)はシャープ独自の技術

左右どちらからでも冷蔵庫を開けることができる両開き(左右開き)ドアを販売しているのはシャープだけ。シャープの両開き(左右開き)タイプのドアは「どっちもドア」と名付けられていて、シャープの独自技術なのです!

両開き(左右開き)冷蔵庫のメリットとは

両開き(左右開き)冷蔵庫は、リフォームをした際や引越しにより置き場所が変わっても使いやすく、また、お客さんが来た時なども冷蔵庫の中身が見えない方向から取り出すことができるなどのメリットがあります。

両開き(左右開き)冷蔵庫のメリット
  • リフォームや引っ越し先でも使いにくくなることがない。
  • 人には見せたくない冷蔵庫の中身も、来客時には見えないように反対側から開けて使える。

シャープ独自の両開き(左右開き)「どっちもドア」冷蔵庫、最新モデル一覧

2019年1月〜2020年1月までに発売された、シャープの両開き(左右開き)「どっちもドア」最新冷蔵庫の特徴と電気代を見ていきましょう。
電気代は1kWhあたり27円として計算しています。

SJ-AW50F(502L)

出典:シャープ
シャープ冷蔵庫のAWシリーズ・SJ-AW50F(502L)は、インターネットで冷蔵庫をクラウドの人工知能とつないで提供するクラウドサービス、COCORO KITCHEN機能を搭載。AIが家族の嗜好等を学習し、おすすめレシピなどその家庭にぴったりな情報を案内します。人感センサー「COCORO EYE」で、音声対話で操作も可能です。
カラーはグラデーションレッドとピュアホワイトの2色展開です。
発売日
2020年1月
年間あたりの電気代
7,830円(290kWh/年)

SJ-WA55E(551L)

出典:シャープ
シャープ冷蔵庫のWAシリーズ・SJ-WA55E(551L)は、大容量冷凍室のメガフリーザーを搭載。冷凍室容量が189Lと大容量なので、週末にまとめ買いをするご家庭や、作り置きを冷凍することが多いご家庭など、大きな冷凍室が欲しい人に向いています。
冷凍室下段では通常冷凍よりさらに低温で保存、温度上昇を抑えて食品の鮮度を守ることができます。約3倍のスピードで冷凍できる「おいそぎ冷凍」機能、60℃のものまで入れられる「熱いもの冷凍」機能も搭載しています。
カラーはグラデーションレッドとピュアホワイトの2色展開です。
発売日
2019年2月
年間あたりの電気代
6,885円(255kWh/年)

SJ-WA50E(502L)

出典:シャープ
シャープ冷蔵庫のWAシリーズ・SJ-WA50E(502L)は、メガフリーザーが搭載されています。冷凍室容量は170L。
カラーはグラデーションレッドとピュアホワイトの2色展開です。
発売日
2019年2月
年間あたりの電気代
6,480円(240kWh/年)

SJ-W412E(412L)

出典:シャープ
シャープの冷蔵庫・基本機能充実モデルのSJ-W412E(412L)は、幅が60cmのスリムタイプなので、大きめな冷蔵庫が欲しいけれど置き場所が狭い場合などに向いています。
プラズマクラスター(冷気除菌)機能、新鮮冷凍(通常冷凍よりさらに低温で保存)機能、おいそぎ冷凍(約3倍のスピードで冷凍できる)機能など、基本機能を揃えた1台。
カラーはシルバー系の1色展開です。
発売日
2019年6月
年間あたりの電気代
9,180円(340kWh/年)

SJ-W411F(412L)

出典:シャープ
シャープの冷蔵庫SJ-W411F(412L)は、SJ-W412E(412L)同様基本機能充実モデルです。
幅60cmのスリムタイプで、プラズマクラスター(冷気除菌)機能、新鮮冷凍(通常冷凍よりさらに低温で保存)機能、おいそぎ冷凍(約3倍のスピードで冷凍できる)機能など、基本機能を揃えています。
カラーはシャンパンゴールドの1色展開です。
発売日
2019年12月
年間あたりの電気代
9,180円(340kWh/年)

SJ-GW35F(350L)

出典:シャープ
300L台のどっちもドア冷蔵庫の中で基本機能を揃えたタイプがこちら。カラーはグラデーションレッドとピュアホワイトの2色展開です。
発売日
2019年12月
年間あたりの電気代
8,910円(330kWh/年)

SJ-W352E(350L)

出典:シャープ
300L台の冷蔵庫を探している方で、購入価格を抑えたい方におすすめのモデル。プラズマクラスターは非搭載ですが、冷蔵庫の使用状況を判断して生活パターンに合わせて節電を行う、節電モードが搭載されています。
発売日
2019年9月
年間あたりの電気代
11,340円(420kWh/年)

SJ-D17F(167L)

出典:シャープ
一人暮らしの方にちょうど良い、167Lの冷蔵庫です。耐熱100℃のトップテーブルがついているので、電子レンジをのせて使えます。カラーはシルバー系の1色展開です。
発売日
2019年11月
年間あたりの電気代
9,180円(340kWh/年)

SJ-GD14F(137L)

出典:
一人暮らしの方向け137Lモデルで、デザインにこだわったモデルです。強化ガラスで傷がつきにくい高品位ガラスドアを採用し、おしゃれなインテリアにも馴染みます。生活感を出したくない方、デザイン重視で選びたい方におすすめです。カラーはピュアブラックとクリアホワイトの2色展開。
発売日
2019年12月
年間あたりの電気代
8,100円(300kWh/年)

SJ-D14F(137L)

出典:シャープ
一人暮らしの方向け137Lモデルで、購入価格を安く抑えたい方におすすめ。耐熱100℃のトップテーブルがついているので、電子レンジをのせて使えます。カラーはホワイト系、シルバー系の2色展開です。
発売日
2019年11月
年間あたりの電気代
8,100円(300kWh/年)

両開き(左右開き)の冷蔵庫比較まとめ

シャープの両開き(左右開き)タイプの冷蔵庫の電気代や特徴をご説明しました。左右どちらからも扉を開くことができると使いやすいですよね。両開きタイプは冷蔵庫の置き場所が変わっても使いやすいので引越しが多い人にもおすすめです。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。