エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 暑くて寝れない夜に!熱帯夜にエアコンなしでもぐっすり眠れる5つの対策とは?
 

暑くて寝れない夜に!熱帯夜にエアコンなしでもぐっすり眠れる5つの対策とは?

電気代の節約、節電テクニック

暑さでなかなか眠れない熱帯夜が続いています。この記事では、エアコンがない部屋、もしくはエアコンは苦手な方向けに、熱帯夜でも眠りやすい環境を整える方法と、就寝時の賢いエアコンの使い方について紹介しています。

毎日毎日暑いですね。夜中も気温がなかなか下がらない熱帯夜の寝苦しさから、睡眠不足になってしまう人も多いのでは?

熱帯夜の暑さ対策や、寝る時のエアコンの上手な使い方についてご紹介します。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

熱帯夜でもエアコンを使わず眠るための対策

ムシムシ暑い、熱帯夜。ちょっと工夫をすれば、エアコンを使わなくてもすずしく、ぐっすり眠ることができるんです。ここでは、5つの方法を紹介するので、ぜひ試してみてくださいね。

その1 天然素材の寝具を取り入れましょう

imasia_15442594_M
サラサラとした感触が眠りを誘う
布団や枕などの寝具には寝ゴザ竹枕などの天然素材を使った寝具を取り入れましょう。
高温多湿の日本で昔から使われている寝ゴザや竹枕は、肌触りがヒンヤリとしていて、熱帯夜の不快感を和らげてくれます。
通気性もいいので、体のほてりやイヤな湿気を逃がして、心地よい眠りに誘ってくれますよ。

その2 氷枕を活用しましょう

imasia_10710905_M
ヒンヤリしていい気持ち!
冬に湯たんぽを使うように、夏は氷枕を活用しましょう。
昔から、頭寒足熱と言われているとおり、快眠のためには氷枕などで後頭部を冷やすのが効果的です。首を冷やすと肩こりの原因になりますから、気を付けてくださいね。

また、凍らせたペットボトルを腋の下や股などに挟んで大きな動脈部分を冷やすと、体感温度がグッと下がって眠りやすくなります。

その3 夏でもお風呂でゆっくり体を温めましょう

imasia_10928641_M
湯船につかるとリラックス効果もあります
夏は暑くてシャワーで済ましてしまいがちですが、夏こそお風呂に入りましょう。
寝る1~2時間前に、38~40℃のぬるめのお風呂に長くゆっくり入るのがおススメです。
私たちの体は体温が下がるときに入眠しやすいので、お風呂で体の中心を温めたほうが眠りやすいのです。
湯船にハッカ油を数滴垂らしておくと、メントール効果で湯上りがさっぱりしますよ。

その4 寝る前にはしっかり水分補給をしておきましょう

imasia_15791270_M
ゴクゴク飲めて美味しい!
寝ているときにコップ1杯分の汗をかきます。のどが渇いてしまうと眠りが浅くなってしまいますので、寝る前にはしっかりと水分補給をしておきましょう。
ジュースやコーラなどの糖分を多く含んだ水分はベタベタ汗を作って寝心地を悪くするので、就寝前3時間は控えるのが無難です。

夜寝る前に飲むのなら、カフェインのない、ミネラルたっぷりの麦茶もおススメ。

その5 寝る前のスマホ・パソコンはNG!

imasia_15090010_M
寝ながらスマホはもってのほか!?
今や私たちの生活になくてはならないものとなったスマホやパソコンですが、デジタル画面を見ると脳が刺激されて、眠りにくくなってしまいます。
眠る前の1~2時間はスマホやパソコン、できればテレビも控えましょう。

部屋の明かりも白熱灯の光のようなやわらかい色合いにし、体の緊張を解くためにストレッチをするとリラックスして眠りやすくなります。
間接照明を使うのもイイですね。

それでも暑い時はエアコンを使いましょう◎

寝る時にエアコン冷房をつけると確かに電気代はかかってしまいますが、暑さで十分な睡眠ができなければ確実に体力が奪われ、夏を乗り切ることができません。

そう、夏バテや熱中症を防ぐためにも、暑さに応じてはエアコンを使うことも大切なことなんです。

お財布にも体にも負担をかけないエアコン冷房のポイント

家計の節約と体調維持のために、「電気を全く使わない」のではなくて、「電気を賢く使う」ことを考えていきましょう。

快眠のための賢いエアコンの使い方

温度をさげずに湿度のバランスを取りましょう
睡眠中は身体活動が休止しているので、温度が低すぎると体にダルさが残ります。
熱帯夜でも室内温度が28℃くらいになるよう設定をして、室内の湿度が高いときは、除湿もしましょう。

サーキュレーターや扇風機を上手に利用しましょう
寝室をより涼しく眠りやすい環境にするためには、エアコンと一緒にサーキュレーターや扇風機を活用しましょう。サーキュレーターや扇風機を上向きに運転して室内の空気を循環させてあげることで、室内の温度差をなくし、快適な睡眠につながります。

ちょっとの工夫と、上手なエアコン使いで、質のよい眠りを目指しましょう。

熱帯夜の睡眠不足解消法 まとめ

熱帯夜にエアコンを使わずにぐっすり寝るための対策と、睡眠不足解消法を紹介しました。エアコンが苦手という人は、試してみてくださいね。そして、夏バテや熱中症を防ぐためにも、どうしても暑くて眠れない時は、エアコンを使うことをおすすめします。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。