【重要】 「福島電力」ご利用中の方へ
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. お風呂でも節約したい!賢いお風呂の入り方
 

お風呂でも節約したい!賢いお風呂の入り方

ガス代の節約

毎日お風呂に入っていると気になるのが請求書……。寒い冬は、とくにガス代がかかってしまいます。お風呂の節約術をご紹介します。


1日の疲れを癒やしてくれるのは、なんといってもお風呂ですね。翌日の活力を養うためのリフレッシュ法にしている方も多いと思います。しかし、毎日お風呂に入っていると気になるのが請求書……。寒い冬は、とくにガス代がかかってしまいます。これらをなるべく安くできるとうれしいですよね。そこで今回は、お風呂の節約術を紹介していきましょう。

どうすればお得に入れる?

お風呂を安くするポイントはいくつかあります。

お湯を節約

まず、お湯を出す時間は少なくすること。
シャワーを15分間使用すると、水量は浴槽1杯分にもなります。顔や髪を洗うときには出しっぱなしにしてしまうことがあるのでは?水道の蛇口を全開で1分間出しっぱなしにしたときの水量は10~12Lです。さすがにシャワーを全開にして流す方は少ないと思いますから、流れる水量は6~8L程度でしょうか。シャワーを1分短くすれば、ペットボトル約8本分のお湯が節約できるということになりますね。

温度を少しだけ下げる

設定温度の調節も重要です。夏でも熱~いシャワーが好きな方もいると思いますが、ちょっと待って!
シャワーを1分節約すると1回約5.8円、1年間で約2,128円の節約になるんですよ。冬は無理をするとカゼを引いてしまうので難しいですが、それ以外の季節は気温に合わせて適切に使用しましょう。

そのほか、シャワーの出はじめの水は排水口に流さず浴槽に入れる、シャワーを浴びているあいだはお風呂のフタを閉めておく、などで少しずつお金を浮かせていくと、小さいながらも確かな効果を実感できますね。

ひとり暮らしはガス代に注意

アパートやマンションは、契約する前からガス会社が決められていることがほとんどですね。学生でこれからひとり暮らしをはじめる方は気にしないかもしれませんが、ここでガス代の違いがハッキリとしてきます!

ガスの種類には、都市ガスとプロパンガスがあります(料金はプロパンガスのほうが高いです)。もし引っ越し先の物件でプロパンガスを使用していると、地域差もありますがガス料金は都市ガスの1.1~2.2倍になってしまうことに……。管理人に相談してガス会社の変更ができればいいのですが、実現させるのは難しいのが現状です。
春からプロパンガス物件でひとり暮らしをはじめている方は、冬に驚くことになると思います。寒いとガスの使用量が上昇するので、今までと同じ調子でシャワーを浴びていても料金は段ちがい!(冬に料金が上昇するのは都市ガスも同じですが……)使用量を抑えたほうがいいのは両者に共通していますが、プロパンガスには特に注意するべきですね。お部屋えらびをする際には、使われているガスの種類も確認しておくと、のちのちお得になりますよ。

お風呂に入るときの節約テク

それでは、もっとお風呂がお得になるテクニックを、どんどん紹介していきましょう。

お湯はり機能も電気代がかかる

お風呂の湯はり機能は便利ですが、なるべく頼らないようにしましょう。
自動でお湯を浴槽にためてくれるのはうれしいですが、この機能は電気代も余計にかかってしまいます。お風呂に電気は関係ないだろうと思って、安易に頼ってしまうと損ですね。お湯がたまるまでの時間をはかり、アラームをセットするなどして自分でみはってください。

追い焚きはほどほどに

寒くなると追いだきも使ってしまいますよね。
家族が多いとどうしても使わなければいけない機能ですが、やはり何度もわかしなおしていると損です。なるべく家族全員が時間をあけずに入浴したり、お風呂の保温シートを用意するなどして、使用頻度を減らすように努力しましょう。

シャワーヘッドで節水も

シャワーを手元で止められれば、節水にもなりますね。
節水シャワーヘッドは、シャワーでのお湯の消費を約半分にできるアイテムです(商品によって性能差があります)。ただし節水シャワーヘッドには、シャワーの勢いが弱まる、お湯が設定温度より少し冷えてしまうなどのデメリットもあります。水道代とガス代のバランスを考えて、かしこく使いましょう。

ちなみに、お風呂のお湯は沸かすよりも貯めるほうがお得です。
これは浴槽にたまった水をわかしなおす時間より、浴槽にお湯をためる時間のほうが少なくてすむのが理由になっています。ただお湯を捨てるだけではもったいないので、残り湯は翌日の洗濯に利用してください。ひとつひとつのことを意識して、節約に活かしましょう。

お風呂の節約まとめ

お風呂の節約、いかがでしたか。お風呂に入っているときにまで、お金のことは考えたくないのが正直なところですね。それでも光熱費、とくにガス代は、お風呂の使い方で大きく変わります。家のお風呂を観察して、どこが節約できるか考えてみましょう。お風呂をかしこく使って、懐もあたたかくしてくださいね。

ガス代の節約のために、ガス会社を見直そう!

2017年4月のガス自由化で、ガス会社が自由に選べるようになります。自分にぴったりなガス会社のプランを選んで、ガス代を節約しよう!

エネチェンジでは都市ガスの料金プランを比較できるガス料金比較サービスも提供しています。郵便番号をいれるだけで、アナタの住んでいるエリアで選べるガス料金プランがわかりますよ。都市ガス会社選びは、エネチェンジで!

電力会社切り替えはエネチェンジ電力比較を引き続きご活用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数