エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 梅雨の湿気対策は換気が基本!簡単に湿度を下げる方法とは?
 

梅雨の湿気対策は換気が基本!簡単に湿度を下げる方法とは?

毎日の暮らし

梅雨の季節は屋外も屋内も湿気でジメジメしていることが多く、気分まで憂鬱になりがちです。湿気対策を行って、スッキリした気分で過ごしたいですよね。この記事では、梅雨の時期に湿気が気になってしまう原因や、今すぐできる湿気対策を紹介しています。

じめじめするのがうっとうしい梅雨の季節が近づいてきました。梅雨の時期は湿気が高くなり、外にいても室内にいても不快を感じることが多いですね。湿気のせいでカビが生えやすくなるなど健康面にも注意が必要です。

梅雨の湿気対策をみていきましょう。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

梅雨時の湿気が気になる理由

高温多湿の日本の夏ですが、それでも梅雨時の湿気には気が滅入ります。雨が降っているせいもありますが、どうして梅雨時になるとこれほどまでに湿気が高く、不快と感じるのでしょうか。

空気はその時の温度によって、空気の中に含むことのできる水分の量が変わります。低い温度であれば含むことが可能な水分量が少なく、温度が高くなるにしたがって同じ量の空気でもたくさんの水分を含むことができるようになるのです。そのため気温10℃の時の「湿度50%」と気温25度の時の「湿度50%」では同じ50%の湿度でも25℃のほうが空気中にたくさんの水分を含んでいます。

その結果、温度が高くなる6月や7月は空気そのものに含まれる水分量が多くなるため、体感として湿度が高く「湿気がある」と感じるのです。

湿気が高くなるとどうなる?

梅雨時で湿気が高い日が続くと、心配なのはカビ。お風呂やキッチンなどの水回りはもちろん、布団や食べ物、そして床や壁も結露してカビが生えてしまうこともあります。

気温が高く湿度も上がる梅雨時は、カビにとっては絶好の繁殖条件がそろっているのです。カビが生え、その胞子を吸い込むと健康に悪影響が出るほか、アレルギーの原因にもなります。

なによりカビが生えた空間で生活するのは気分的がよくないですよね。カビが生えることがないよう梅雨時には湿気対策を怠らないようにしたいものです。

カビが生える条件

いったい、カビはどのような条件のもとで生えるのでしょうか?カビが生えるためには、以下の条件が必要です。

  • 栄養
  • 酸素
  • 温度
  • 湿度
  • 時間

ホコリやプラスチックもカビの栄養になることから、栄養を完全に取り除くのは不可能です。また大気中にある酸素や温度も消すことはできません。

しかし、湿度であればある程度コントロールすることができます。カビの多くは湿度が80%以上から生え始めます。湿度をある程度低く保つように工夫すると、私たち自身も快適に過ごせる上、カビの発生も減らすことができます。

有効な湿気対策!狭い場所には小物を使おう

shutterstock_298914272
梅雨時も快適に元気に過ごしたい
家庭で私たちが今日から始めることができる湿気対策をお伝えします。簡単な方法が多いので、今すぐにでも開始できますよ!
まずは下駄箱やシンク下、押入れなど狭い場所で有効な湿気対策です。

新聞紙

紙類は、湿気を吸い込む性質があります。中でも新聞紙は表面に細かい凹凸が多く、見た目以上に表面積が広いために湿気を吸い取る力が大きいのでおすすめです。また、読み終えた新聞紙は廃品回収に出してしまうだけなので、その前に使える有効な再利用方法でもあります。

湿気が気になる場所においていくだけでもよいのですが、おすすめは一度手でクシャクシャにしてから広げる方法です。手でクシャクシャにすることで、さらに表面積が増えて湿気を吸い取る力が増します。押入れの中、台所のシンク下の隙間、家具の後ろなどに入れて時々取り換えるとよいでしょう。

重曹

エコな家庭用品としても活躍の重曹は、湿気を吸い取る力があります。また、ニオイも一緒に吸ってくれるので、「脱臭・湿気取り」としてぜひ湿気対策に取り入れたいアイテムです。

使い方としては、空き瓶などに入れて蓋をせず、湿気が気になる場所に置くだけでOK。その時にお気に入りのアロマオイルを垂らすとよい香りを楽しむこともできます。

効果を実感するためには、重曹を入れた入れ物は低い場所に置く(湿気を含んだ空気は下に下がるため)、そしてたっぷり使うこと。湿気を吸った重曹は塊になります。そのまま捨ててしまわず、次は磨き粉として掃除に使いましょう。2度も3度も活躍してくれる重曹は暮らしに欠かせないアイテムです。

木炭

昔から生活の中で使われてきた「木炭」も、湿気とニオイを取るアイテムの一つです。木炭にはポンプのような作用があり、湿気が多い時には湿気を吸い込んで木炭の中にため込みます。そして湿気が少なくなると湿気を吐き出して空間の湿度を一定に保とうとする働きがあるのです。

床下に湿度調整のために木炭を入れ、カビの対策をするという建築上の工法もあるくらい木炭の効果は確実。湿気やニオイを吸わなくなってきたなと思ったら天日干しすれば効果が蘇ります。何度でも使えるエコなアイテムですよ。

どの場所にも有効!何も使わず毎日できる湿気対策!

湿気を含んだ空気は、湿度が高い方から低い方へと流れていく性質があります。湿気が高く空気がこもりがちな室内の空気はこまめに換気することで部屋の湿度を下げることができます。

この時、窓やドアを二か所以上開けて空気の通り道を作ってあげることが大切。こうすると空気が流れやすくなるのです。また、押入れやシンク下など空気がこもりがちな場所も、こまめに扉を開けて空気を入れ替える時間を作ってあげることが大切です。

扇風機を使って効果アップ

例えば押入れの換気をしたい時に、両方の戸を半分ずつ引いて左右が開いている状態にします。片方から扇風機で押入れの中に向けて空気を送ると反対側からそれまで押入れにたまっていた空気が流れ出ますので、効果的に換気することができます。

布団の収納方法に気をつけよう

湿気が高くなった時、特に気になるのが布団。湿気が高くなった布団はダニも発生しやすくなるため、できるだけ湿気がこもらないようにしたいものですね。

晴れた日に外に干すのが一番ですが、雨が続くとそうもいきません。布団乾燥機も使わずに布団を湿気から守る方法はあるのでしょうか。

押入れにしまう時はすのこを使う

布団を押入れにしまう時には、すのこを置いてその上にたたんだ布団を乗せるようにしましょう。こうすることで空気の通り道ができて湿気がたまりにくくなります。

また、この時に、少しクシャクシャにした新聞紙をすのこの下に入れておけば、さらに湿気を取る効果がアップします。

布団を直接床の上に敷かない

私たちの体は寝ている間に多量の汗をかきます。布団はその汗を吸い込み、たくさんの水分を含んでいるのです。

畳に使われているイグサには湿気を吸い取る性質があるのですが、フローリングの床は湿気を吸い込まないため、布団と床の間に湿気がたまってしまいます。毎日布団を畳んでしまう習慣がついてる場合ならまだしも、敷きっぱなしにしてしまうと布団や床にカビが生える原因になってしまうのです。

湿気を吸い取るために新聞紙を敷いた上に布団を敷く、除湿シートを必ず床の上に敷いてから布団を敷くなどといった工夫をしましょう。

湿気がこもりづらい布団

「湿気がこもらないクッション材を使った布団」というものも販売されています。もともとの材料は東洋紡が開発した「ブレスエアー」。ゴムとスプリングを混ぜ合わせて複雑な作りをしており、空気がこもらないクッション材です。

多くのメーカーがブレスエアーを使った布団やクッションを販売しているので、布団を買い替えるのも一つの方法です。

参照:【TOYOBO】ブレスエアー® BREATHAIR® | クッション材

除湿器、エアコンの除湿機能

エアコンの除湿(ドライ)機能を使っても部屋の湿度を下げることができますが、エアコンのドライは部屋が寒くなりすぎてしまったり、電気代がかかるなどデメリットもあります。しかし、部屋の湿度を確実に下げてくれるエアコンの除湿、効果と電気代について少し知っておくと有効な使い方ができます。

エアコンの除湿には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」という二つの方式があります。「再熱除湿」ならば、部屋の温度は寒くなりませんが電気代が高くなります。

一方「弱冷房除湿」は、お部屋の温度も下がるけれど電気代は「再熱除湿」に比べて安く使うことができます。そして冷房使用時の電気代は弱冷房除湿よりも高いけれど、再熱除湿よりも安いのです。

  • 弱冷房除湿>冷房>再熱除湿

電気代と除湿のタイプの効果、温度を考慮の上、使い分けができるとよいですね。

基本は窓を開けること

筆者が過去に住んでいた部屋は冬場とても寒かったため、寒さを軽減するために窓の周りをプチプチのシートで覆ったことがありました。出窓を完全に防ぐように覆ったところ、空気の流れが悪くなって、なんと部屋の湿度が80%超え。冬なのに壁が湿気でしっとりするという事態に。

寒かったので窓を開けたくないと思った筆者は、換気扇を回したり、エアコンの除湿機能を使ったりといろいろ試したのですが、どれもそれほど効果はでません。仕方なくプチプチをはがして窓とドアを開けて空気の流れ道を作ったところ、一瞬で湿度が下がりました。

原始的な方法ですが「窓を開けて換気をすること」というのが最も簡単で費用も掛からず、効果を上げる方法のようです。

雨の日の換気は逆効果?!

雨の日は、外の湿気が室内に入ってこないようにと換気扇を止めたり窓を開けないようにしたりという対策をする人もいるようです。

しかし、空気の絶対湿度は雨の日でも屋外より室内のほうが高くなっていることが一般的。窓を開けることで新鮮な空気を取り入れ、ニオイがこもらないようにできるという効果もあります。雨だからと窓を閉めっぱなしにせず、時々は空気を入れ替えましょう。

また、古い木造住宅であれば隙間が多かったり、木や壁、たたみなど自然素材そのものが呼吸をしているため、屋外と屋内の湿度がそれほど変わらない場合が多々あります。

一方、気密性の高いコンクリート造りの住宅に住んでいる場合は、室内の空気がこもりがちになりますので、より換気をこまめにすることをおすすめします。

梅雨の湿気対策、換気が基本

梅雨の湿気対策で最も簡単かつ効果が上がりやすいのは換気。窓を二か所以上開けて空気の通り道を作りましょう。換気はお部屋全体だけでなく、押入れや下駄箱、シンク下などもこまめに行うようにしてカビが生えるのを防ぎます。また、木炭や新聞紙など、湿気を吸い取る効果のあるアイテムをうまく使いましょう。

こまめに換気して空気を入れ替え、気分もリフレッシュしましょう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。