【重要】 大東エナジー「いい部屋でんき」ご利用中の方へ
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. ホットカーペット(電気カーペット)の電気代って?節電しながら快適に使うコツは?
 

ホットカーペット(電気カーペット)の電気代って?節電しながら快適に使うコツは?

ホットカーペットの電気代って?節電しながら快適に使うコツは?
電気代の節約、節電テクニック

ホットカーペット(電気カーペット)の電気代ってどのくらいなのでしょうか?ホットカーペットの電気代と他の暖房器具の電気代の比較、ホットカーペットの上手な節電方法をわかりやすくご紹介しています。

冬の暖房器具としてホットカーペット(電気カーペット)を使用するご家庭も多いと思います。ホットカーペット(電気カーペット)の電気代ってどのくらいなのでしょうか?

ホットカーペットの電気代と他の暖房器具の電気代の比較、ホットカーペットの上手な節電方法をわかりやすくご説明しています。

更新日
2017年10月16日
記事を読む前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなる!
全国で100万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

暖房器具の電気代を節約したい場合はまず最適な電気料金プラン選びから

plan-saving-29
冬は暖房を使う分、電気代がかかりますよね。ホットカーペットなどの暖房器具の電気代を上手に節約していくためには、まずは電力会社のプランの見直しが大事です。

ご家庭ごとに生活スタイル(電気の使用状況)は違うので、最適なプランも家庭ごとに違います。最適プランで電気代を節約していくために、エネチェンジ電力比較で電力プランを比較して、最適なプランに切り替えましょう。

ホットカーペット(電気カーペット)の特徴と電気代

pixta_13262478_M
ホットカーペットが暖かいしくみを見ていきましょう。

ホットカーペットの特徴

電気カーペットとも呼ばれるホットカーペットは、カーペットの中に電線を通してその電線に電気を通すことでカーペットの表面を暖める暖房器具です。ヒーターなどのように空間を暖めるものではなく、カーペットの表面を暖めるものなので、ヒーターなど空間を暖める暖房器具と比べると消費電力は少ないものが多いです。

ホットカーペットは暖房費節約に向いているの?

ホットカーペットはカーペットの表面のみが暖かいので、ホットカーペットのみで部屋の空間全体を暖めることはできません。しかし、ホットカーペットは直接暖かい部分が身体に触れるため、室内温度が低めでも体感温度を快適に保てます。そのため、ホットカーペットと他の暖房器具を上手に併用することができれば、暖房にかかる電気代を節約することが可能です。

ホットカーペットの電気代はどのくらい?

ホットカーペットの電気代は以下のようになります。

ホットカーペットの1時間あたりの電気代
2畳用
高:約8.5円/中:約6.2円
3畳用
高:約12.2円/中:約8.6円

消費電力参照:パナソニック DC-2HAB10
消費電力参照:パナソニック DC-3HAB10

他の暖房器具と電気代を比較した場合、こたつは2.2円~4.6円、エアコンの暖房(8〜10畳向け)は2.8円〜53.5円、電気ストーブは9円〜27円なので、他の暖房器具の電気代と比べてホットカーペットの電気代は安いことがわかります。

ホットカーペットを節電しながら上手に使うコツは?

winter-saving-carpet
ホットカーペットの特徴である、限られた部分(カーペットの表面部分)のみを暖める暖房器具ということを上手に活かしていくことで、ホットカーペットを節電しながら上手に使っていくことができます。その方法は以下のようになります。

必要な面積だけ使う

ホットカーペットは様々なサイズが販売されています。また、家族向けの大きなサイズのホットカーペットは、全面・1/2面・1/3面と暖めるカーペットの面積が切り替えられるものも販売されています。

空間を暖める能力が低いホットカーペットでは、人がいない部分で使っている電気は無駄になってしまいます。
暖める面積が大きくなるほど無駄も消費電力も大きくなりますので、ホットカーペットを購入する際は必要な面積のものを選ぶ・使用する時は必要な面積だけ使うということに気を付けるとホットカーペットの電気代を無駄なく節約していけます。

断熱シートを併用する

ホットカーペットと断熱シートの併用もおすすめです。床が冷たいとホットカーペットの熱が床へ逃げてしまいます。ホットカーペット用の断熱シートも販売されていますので、併用することで床から熱を逃がさず、温度設定を「強」にしていたものが「中」でも快適になるなど、さらに電気代を節約できます。

窓断熱で室内の熱を逃がさない

カーテンで冬のエアコン代を節約

ホットカーペットは直接肌に触れているので、室内温度が低めでも体感温度を快適に保てます。

さらに、窓の断熱を工夫することで窓からの冷気を取り込むのを防ぎ、室内空間を暖めるための暖房費を節約できます。

暖房器具を併用する場合はそれぞれの特徴に合わせた設置を

エアコンとヒーター・ストーブどちらがお得?特徴と電気代は?
ヒーターや電気ストーブなどの暖房器具は、空間全体を長時間暖める場合に向いているものと、人がいる場所をピンポイントで短時間暖める場合に向いているものなどそれぞれに特徴があります。その特徴に合わせた設置場所を選ぶことで、無駄な電気代をなくし節約できます。

冬の電気代を節約するには、最適な暖房器具を使うことと電力会社のプランの見直しが大事◎

ホットカーペットの電気代は他の暖房器具よりも安いことがわかりましたね。部屋に1人でいる時や、寒くて短時間だけ暖をとりたい場合などは、エアコンやストーブではなくホットカーペットを使うなど工夫していくことで冬の電気代を上手に電気代を節約することができます。

さらに、冬の高い電気代で悩んでいる人は、この機会に電力会社の見直しも行いましょう。電力自由化で自由に電力会社を選べるようになったので、自分にピッタリなプランを見つけやすくなりました。エネチェンジでは最適な電気料金プランを比較検討できるサービスエネチェンジ電力比較を提供しています。アナタにぴったりな電気料金プラン探しに、ぜひご活用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数