エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン テレワーク応援で限定特典も! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. エアコンの風量はどうすれば電気代の節約になる?
 

エアコンの風量はどうすれば電気代の節約になる?

電気代の節約、節電テクニック

エアコンの風量によって電気代が異なることをご存知ですか?いったい風量をどうすれば電気代を節約することができるのでしょうか。

寒い冬は、室内で快適に過ごしたい!でも電気代も気になる……これが多くの人の本音ですよね。エアコンを使うにしても、少しでも電気代を抑えて使う方法を知っておきたいところです。エアコンの風量と電気代の関係から探っていきましょう。


エアコンの使い方で電気代を節約したい

寒い冬!快適に過ごすためにもエアコンは必須アイテムですが、「1日中エアコンをつけていたいけれど、電気代が気になる……」そんな方も多いのではないでしょうか。エアコンは、電気代がかかる家電としても知られていますね。

エアコンを使いながらも電気代をなるべく少なく抑える方法の一つとして、「風量を弱くすれば電気代がかからないのでは?」という話をよく耳にします。果たして風量を弱くすると、エアコンの電気代の節約になるのでしょうか?

エアコンの風量は「自動」が省エネ

風量設定には「強」「弱」「微風」などのほかに「自動」モードがあります。結論からいうと、エアコンの電気代を抑えて使うには、「自動」がおすすめです。なぜなら、「自動」になっていれば部屋が暖まるまでは強い風を送り、ある程度部屋が暖かくなると弱い風、とエアコンが自動で省エネで使えるように調整してくれるのです。

エアコンが一番電気を使うのは、「頑張っている」時

エアコンを使用している時最も電気を消費するのは、寒い部屋を暖かくしようとエアコンがフル稼働し、「頑張って部屋を暖めている」時です。

しかし、部屋がまだ寒いにもかかわらず、「弱」や「微風」のままだとエアコンの設定温度になかなか部屋の温度が達しないため、エアコンは頑張って暖め続けなければなりません。結果として「頑張っている」時間が長くなって電気代が余計に高くなってしまうのです。

寒い部屋が暖かくなるまでは強風にしておき、短時間で「頑張って」暖めてもらったら、あとは「弱」や「微風」で冷えた状態をキープするようにすると電力の消費が少なくなります。自動モードになっていればこれらをエアコンが自動で行うので、自然に省エネ、電気代の節約になるのです。

より電気代を節約するために

shutterstock_252457636
節約しよう
エアコンの電気代を少なく使うために風量は「自動」がよいこととは分かったけれど、電気代節約のためにもっとできることはないのでしょうか?エアコンを賢く使って、電気代を節約する方法をチェックしましょう。

温度を1℃高くすると10%電気代が安くなる

エアコンの暖房は設定温度を1℃低くすると、なんと約13%も消費する電力が少なくなります。たった1℃上げるだけで、13%は大きな省エネ、節約です。

早朝や夜などの日光の当たらない時間は設定温度を高めにしていたとしても、お昼から夕方の比較的暖かい時間は設定温度を下げるなど、こまめに温度調節をしましょう。

エアコンは一度つけたら、できるだけそのままで

エアコンをつけて暖かくなったから一度オフにして、しばらくたったら寒くなったからまたオンにして……と電源のオン・オフを繰り返す使い方をすると、そのつどエアコンが寒い部屋を暖かくしようと頑張らなくてはいけません。この時にたくさん電力を消費するということは、風量の設定で学びました。ということは、電源のオン・オフもたくさん繰り返すとそのたびにエアコンが頑張らなくてはいけないので、余計な電力を消費してしまうのです。

家にいる時間が長い時は、一度つけたエアコンはそのまま稼働させていたほうが、省エネになるのです。

エアコンの風向きは「水平」がおすすめ

エアコンの風向き、上向きや下向きなどユーザーが自由に調整できるようになっていますが、どんな向きがよいかご存知ですか?

答えは「水平」です。というのも、冷たい空気は下に溜まります。エアコンから出た冷たい空気は自然と下へ降りてくるので、水平にしておくと部屋の空気がムラなく暖められて快適なのです。扇風機やサーキュレーターを使って、室内に気流を作るとなお効果的です。

室外機にカバーをつける

エアコンの室外機の周りの温度が暖かくなると、エアコンが消費する電力が少なくなります。エアコンの室外機の周りにモノが置いてあるようであれば片付けて風通しをよくするほか、雪が積もってしまう位置に室外機を置いているのであれば、カバーをつけてあげましょう。

エアコンの風量は自動がおすすめ

エアコンは、寒い部屋を頑張って暖めようとするときにたくさんの電気を使います。エアコンの風量と電気代は関係してきます。

エアコンの風量を「自動」にしておくと、部屋が寒いときは「強」の運転で短時間で室内を暖め、ある程度暖めたら電気の使用量が少ない「弱」「微風」モードに切り替わるので、電気をたくさん使う時間が少なくてすみ、結果的に電気代の節約になるのです。

エアコンの電気代を節約したい時は、風量は自動で運転させるようにしましょう。

また、そのほかにも、エアコンの電気代を抑える小技がたくさんあります。小技を合わせ、電気代をさらに節約できたらなお良いですね。

ここまで読んでくれたアナタ
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「」ボタンを押してください。
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。