【重要】 電力会社を切り替えていても、災害時の復旧作業は不利なく行われます。
冬の電気代を安くしたいなら、今すぐ手続き!
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 電力会社ごとの電気代ランキング!この夏、日本で一番電気代が高いのは?
 

電力会社ごとの電気代ランキング!この夏、日本で一番電気代が高いのは?

日本全国の電気代ランキング
電力自由化ニュース

電気料金はお住まいの地域によって様々です。特に、震災後何度も値上げをしている電力会社と一度も値上げをしていない電力会社では電気の単価は約2倍も違うんです! 以下に、電力会社別に電気料金をランキングしてみました。お住まいの地域の電気代を見てみましょう。

電気料金はお住まいの地域によって様々です。特に、震災後何度も値上げをしている電力会社と一度も値上げをしていない電力会社では、電気の最高単価が約2倍も違うんです!
そこで!日本全国の電力会社の電気料金を比較し、ランキングしてみました。お住まいの地域の電気代を見てみましょう。

日本全国電気代ランキングを見てみよう!

日本全国の電気代ランキング2015夏版

2015夏の電気代ランキング

この図は、全国の電気代を電力会社ごと比較し、ランキングしたものです。一般家庭の1ヶ月の平均使用電力量300kWhあたりの電気代、1kWhあたりの電力量単価、選べる電気料金プラン数の3つのランキングを掲載しています。

普通のプランで同じ量の電気を使うと一番高くなるのは、北海道電力

北海道電力の300kWhあたりの電気代は高い
一般的な従量電灯のプランで同じ量(300kWh/月)使った場合の電気代を比較すると、北海道電力が9,251円と一番高くなっています。次いで沖縄電力が7,895円、中部電力が7,838円となります。
ランキングで見ると現在の北海道電力の電気料金は、従量電灯のプランで比較したときに全国的に見てもとても高いことがわかります。一番電気代の安い北陸電力と比較すると、同じ量の電気を使った時にひと月あたり2,609円も差があります。

プランは全社最も一般的な従量電灯で計算しています

電気の最高単価が一番高いのも北海道電力

北海道電力の電気料金単価は高い

それでは、電気の単価(1kWhあたりの電力量単価)が最も高いのはどの会社でしょうか?各社のプランの中で、最も高い単価となる部分を比較してみました。

ランキングを見ても、やはり北海道電力が60円02銭と一番高くなっています。この単価は、ピーク抑制型時間帯別電灯(ドリーム8エコ)プランの、冬のピーク時間帯に適用されるものです。

北海道電力についで単価が高いのは、関西電力の59円79銭、中部電力57円46銭となります。

しかし、今年6月に電気料金が再値上げされ、現在軽減措置単価が設定されている関西電力は、9月に軽減措置が終了すると60円70銭で北海道電力を抜き1位となります。こちらも最高単価がいちばん安い北陸電力と比較した場合、2倍近くの差があります。

選べるプランが多いのは東京電力

プランの選択肢は東京電力が多い
電気料金プランも保険や携帯電話のプランのように多くのプランがあります。様々な生活スタイルを想定して、プランごとに異なる時間帯別単価が設定されています。
電力会社ごとのプラン数をランキングしてみると、東京電力が9プランと圧倒的に多いことがわかります。

また、現在はプラン数が少ない地域でも、今後新しいプランが出てくる可能性があります。

北陸地方は電気代が一番安いのに電気代負担は一番多い!?電気代は使い方によって違うんです

北陸電力は、同じ使用量あたりの電気代も、電気の最高単価も最安となっていますが、実は北陸地方の家庭が実際に払っている電気代は、日本全国で一番大きいんです!
北陸地方は全国的に見ても家が大きいため、電気代負担も大きくなっている傾向がありますが、そのように電気代は単価だけでなく、家の広さや家族人数、主に使う家電の種類や暖房の方法など、地域の特徴や、各家庭の使い方によって大きく変わってきます。そのため、ご家庭の電気の使い方に合わせて一番安くお得に使える電気料金プランを選ぶ必要があるんですよ!

きちんとプラン選びをすれば年間15,000円以上も電気代を節約することが可能に!

plan-saving-15
自分に合った電気料金プランをきちんと選ぶと、それだけで年間平均15,000円以上もの電気代節約が可能になるんです!逆に考えると、きちんと電気料金プラン選びをしないで電気を使っていると、15,000円以上損をしてしまっていることに!それではもったいないですよね。

自分に見合った電気料金プランで電気代を節約していこう!

plan-saving-14
2016年4月の電力小売り自由化以降は、今よりもさらに選べる電力会社のプランが増えます。最適プランで電気代を節約していくために、エネチェンジ電力比較で電力会社を選びましょう!
ここまで読んでくれたアナタ
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数