1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 電気料金を徹底比較!『日本で一番高い電力会社』はいったいどこ?電気料金ランキング
 

電気料金を徹底比較!『日本で一番高い電力会社』はいったいどこ?電気料金ランキング

electricity-cost-ranking
電力自由化ニュース

消費税の値上げ、燃料費の高騰などで電気料金がどんどん高くなっていますが、日本でいちばん高い電力会社ははたして一体どこなのでしょうか?日本の電力会社を比較してランキングにまとめてみました。

2014年4月、消費税が8パーセントに値上がりしたのに応じて日本の各電力会社も電気料金の値上げを実施しています。皆さんは、自分が住んでいる地域の電気料金は他の地域に比べて高いのかな?安いのかな?と気になることはありませんか?

ここでは、日本の電力会社の電気料金を徹底比較してみました。日本で一番高い電力会社はどこでしょう?

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

電力会社別料金ランキング

日本の電力会社は電力会社ごとに料金プランが異なりますので、各電力会社の一番標準プランである「従量電灯」プランを基本に、一般家庭が1ヶ月に使用する平均量300kWhでの料金を算出し、比べてみたところ、このような結果が出ました。

日本の電力会社別料金表(高額順)

日本の大手電力会社の電気料金ランキング

現在日本で一番電気料金が高いのは北海道電力でした。次いで沖縄電力東京電力となっています。全ての電力会社を高額順に並べてみると以下のようになります。

一般家庭が従量電灯プランで月300kWh使用した時の電力会社別料金(高額順)

1位 北海道電力
8,148円
2位 沖縄電力
7,896円
3位 東京電力
7,838円
4位 東北電力
7,637円
5位 関西電力
7,441円
6位 中国電力
7,308円
7位 四国電力
7,054円
8位 九州電力
7,004円
9位 中部電力
6,853円
10位 北陸電力
6,642円

2014年4月の消費税増税8%適用後の料金で計算しています。
北海道電力東北電力東京電力中部電力北陸電力九州電力は「従量電灯B」プランの料金単価で計算、関西電力中国電力四国電力は「従量電灯A」プランの料金単価で計算、沖縄電力は「従量電灯」プランの料金単価で計算しています。
燃料費調整額・太陽光発電促進付加金・再生可能エネルギー発電促進賦課金・口座振替割引などは計算に含まれていません。

同じ家庭で同じだけ電気を使ったとしても、住む地域(契約している電力会社)が変わるだけでこんなにも差があることがわかりました。一番高い北海道電力と一番安い北陸電力では、同じ300kWh使用した場合でひと月に1,506円も違ってきます。

まとめ

数年前までは沖縄電力が日本で一番高い電力会社と言われていましたが、北海道電力が2013年9月に実施した電気料金の値上げにより、現在日本で一番高い電力会社は北海道電力となりました。北海道電力は今後さらに電気料金を値上げする方向でいることをすでに発表しており、家計の不安はつきません。

今後も値上げが検討されている電気料金。上手に節約していきたいものです。

エネチェンジ診断で電気料金を比較・節約!

お住まいの郵便番号を入力して、電気料金を今すぐ比較!

-
郵便番号がわからない