1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 安いし早い!最強ガス乾燥機のガス代を徹底比較!
 

安いし早い!最強ガス乾燥機のガス代を徹底比較!

ガス代の節約

日が短くなってくる冬の季節。外に干しても洗濯物は冷たいまま…。そんな時にオススメなのが乾燥機、特にガス乾燥機です。ガス代が安くとにかく早い!コインランドリーにあるのはほとんどガス乾燥機です。本稿では他の乾燥機との徹底比較やガス代の節約方法を徹底的に解説します!


外に洗濯物を干したいけど、天気が悪い。だけど、乾燥機は電気代がとても高い……そこでオススメなのがガス衣類乾燥機です。ガス代は安くそして乾燥が早いし、天日干しよりもふわふわに仕上がります。花粉の心配もありませんし、湿気は屋外へ排出するので湿度も気になりません。お子様が多いなど洗濯をたくさんされる方。 日当たりが悪いなど天日干しでは物足りない方。 花粉や雑菌などが気になり乾燥機の購入を考えておられる方。そんな方におすすめするのがこのガス衣類乾燥機です。
ここではガス衣類乾燥機のガス代を他の乾燥機と比較して紹介します。安く早いガス乾燥機の実力がどんなものかぜひご覧ください!

一目で分かる!ガス乾燥機のガス代の目安

乾太くん5kgタイプ出典:ガス衣類乾燥機(乾太くん)/東京ガス
ガス衣類乾燥機はガスを使用して衣類を乾燥させる衣類乾燥機です。ガスが燃料のため電気を熱源とするよりも遥かに早く衣類を乾燥させることが可能です。コインランドリーの大型の乾燥機はほとんどがガス衣類乾燥機です。電気式に比べて普及してはいませんが、非常に優秀な乾燥機です。

東京ガス等多くのガス会社が販売するRinnaiの「はやい乾太くん」は大容量の5kgタイプと少家族用の3kgタイプがあります。それぞれ容量分の洗濯物を入れた場合、洗濯時間は約50分になります。その場合のガス代は以下のようになります(室温や洗濯物の種類などで前後します)。

ガス衣類乾燥機1回(50分)のガス代

5kgタイプ
都市ガス:約40円
プロパンガス:約52円
3kgタイプ
都市ガス:約23円
プロパンガス:約92円

エココース使用時は時間が約2倍になりますが、ガス代は1割ほど安くなリます。また別に電気代が1回あたり5kgタイプで約5円、3kgタイプで約4円かかります。
ガス消費量を5kgタイプが4.0kW、3kgタイプを2.25kW、都市ガスの燃焼量を10,750kcal/㎥(東京ガス)、プロパンガスの燃焼量を24,000kcal/㎥、都市ガスのガス単価を151.74円/1㎥(東京ガス,一般契約料金,料金表B,基準単位料金)、プロパンガスのガス単価を772円/1㎥(石油情報センター2015年10月の10㎥あたりの全国平均価格より算出)で計算

他の乾燥機との比較

とにかく安く早いが特徴のガス乾燥機。他の乾燥機「洗濯乾燥機」「電気衣類乾燥機」「浴室衣類乾燥機」と一体どう違うのか、比べてみましょう!

洗濯乾燥機とのランニングコスト比較

洗濯乾燥機は”電気”を熱源として乾燥を行います。洗濯から乾燥まで洗濯物を移動させるなどの手間がありません。ただし一度取り出さないためシワになりやすく、構造が複雑なため故障の可能性も高くなるというデメリットもあります。

洗濯乾燥機の種類ごとの電気代の違い

縦型ヒーター乾燥タイプ(洗濯容量9kg乾燥容量4.5kg)
約50.7円(1960Wh/189分)
ドラム型ヒーター乾燥タイプ(洗濯容量9kg乾燥容量6kg)
約48.7円(1880Wh/150分)
ドラム型ヒートポンプ乾燥タイプ(洗濯容量9kg乾燥容量6kg)
約23円(890Wh/98分)

1kWhあたりの電力量単価を25.91円として計算しています。
ランニングコストはドラム型ヒートポンプ洗濯乾燥機が1番安くなりますが、乾燥にかかる時間はガス乾燥機の2倍以上かかることが伺えます。

電気衣類乾燥機とのランニングコスト比較

ピュアホワイト(W)出典:衣類乾燥機 DE-N55FX/日立
ガス管の設置ができず、洗濯機と別に乾燥機を置きたい場合に、ガス乾燥機のもう一つの選択肢として”電気”衣類乾燥機があります。ガス乾燥機同様に比較的単純な構造のため10年以上故障無く使えることもあるようです。ただしガス乾燥機に比べて出力が弱いので、乾燥全てを行うというよりも、天日干しとの併用で部分的に使うと力を発揮します。
電気衣類乾燥機に容量分の洗濯物を入れた場合
5.5kgタイプ:約92円(3540Wh/180分)
4.5kgタイプ:約76円(2950Wh/150分)
3.5kgタイプ:約82円(3180Wh/180分)

出典:商品ラインナップ「衣類乾燥機」/日立

浴室乾燥機とのガス代比較

最近はアパートやマンションに備え付けられていることの多い浴室乾燥機。ガスか電気の熱源機で暖かく乾燥した空気を作り、風呂場のカビなどが発生しないようにするシステムです。洗濯物を乾燥させることもできますが、乾燥効果は高くなく、洗濯物を全体的に乾かすのには2~3時間ほどかかってしまいます。

洗濯物5kgを乾燥させるときの時間と目安

外気温25℃電気浴室乾燥機ガス浴室乾燥機
乾燥時間約140分約70分
電気代/ガス代約125円約58円(約132円)

出典:オンラインカタログ:浴室換気暖房乾燥機 三乾王(一般住宅用)/TOTO
()内はプロパンガスの場合。電気浴室乾燥機はTOTOのTYB3021GA(200V)で実測値。ガス浴室乾燥機は暖房能力4.1kWとして計算。

衣類乾燥機のコスト比較まとめ

以上から衣類乾燥機の5kg乾燥させた時のコストの比較が以下になります。

5kgの洗濯物を乾かした場合のコスト比較

乾燥機コスト乾燥時間
洗濯乾燥機(ドラム型ヒートポンプ)約23円約98分
☆ガス乾燥機約40円約50分
洗濯乾燥機(ドラム型ヒーター)約48.7円約150分
洗濯乾燥機(縦型ヒーター)約50.7円約189分
浴室乾燥機(ガス)
約58円約70分
電気衣類乾燥機約92円約180分
浴室乾燥機(電気)約125円約140分

ガス代は都市ガスの場合
最新式のドラム型ヒートポンプ型洗濯乾燥機が最も安く、ガス乾燥機が最も乾燥が早いという結果です。
しかし、洗濯乾燥機はホコリづまりなど故障が多く、毎日使っていると3年程度でヒートポンプの交換が必要になることもあるなど、整備維持面が不安だと言われています。対してガス乾燥機は構造が単純なため10年以上使い続けることが可能で、清掃も簡単です。

毎日乾燥機を使う場合は、ガス代的にも乾燥時間的にもガス乾燥機をおすすめします。

合計年間約3,050円節約!ガス乾燥機のガス代節約法3つ

乾燥機を効率的に用いるためには、3つのコツが有ります。このコツを使うことで、ガス代を抑え、ムラなく洗濯物を乾燥させることが出来るようになります。

まとめて乾燥させて約510円節約

資源エネルギー庁の調査によれば、定格容量(5kg)の8割を入れて2日に1回使用した場合は、4割ずつに分けて毎日使用した場合よりも年間41.98kWhの節約になるといいます。
出典:省エネ性能カタログ 2015年夏版

これはガス乾燥機を利用している場合、約510円の節約になります(都市ガスの場合)。
ただし乾燥容量を超えた洗濯物を入れることは、故障の原因になったり、乾きムラにつながります。また少なすぎる場合も、布同士が擦れ衣類が傷みやすくなります。
乾燥容量の8割~10割の洗濯物を入れることが、ガス代節約につながります!

フィルターをきちんと掃除して年間1,625円のガス代節約

出典:ガス衣類乾燥機(乾太くん)5kgタイプ/Rinnai
乾燥機には多くのフィルターがついています。
Rinnaiの「はやい乾太くん」の場合、以下の2つのフィルターの掃除が必要です。

  • 糸くずフィルター:毎回掃除
  • 吸気フィルター:月1回掃除

乾燥機のフィルターを掃除しないと、3~5回の使用で5~7%も乾燥効率が下がるとも言われています。また乾燥機の異常な過熱で火事の原因になることも。
もし乾燥時間が5分伸びると、一日あたり約5円、年間で約1,625円も余分にかかってしまいます(都市ガスの場合)。
毎日毎月のフィルター掃除を、しっかりと行うことがガス代の節約につながります。

各フィルターの掃除方法

フィルター掃除は機器が冷えてから行ってください。

乾燥終了後に毎回掃除
内フィルターを破らないように、柔らかい歯ブラシなどでわた状のゴミを取り除いてください。
1ヶ月に一回程度掃除
本体の底面か側面にある(乾太くんは側面にあります)吸気フィルターを手前に引っ張って外し、掃除機や柔らかい歯ブラシなどでホコリを取り除いてください。

エココースを活用して年間約915円のガス代節約

エココースを活用することで、ガス代は約1割節約することが可能です。
ただし時間は約2倍になりますので、急ぎでない時はエコモードを使ってみてください。

出典:PDT-52S 特徴/Rinnai
ただし以下の場合はエココースの効果が低くなるので注意してください。

  • 室温が低い時
  • 衣類が極めて少ない時
  • 湿度が高い時

エコモードを2日に1度使い、1回5円のガス代節約になるとすると、年間で約915円の節約になります。
速さを重視して標準モードで乾燥するか、時間があるのでエココースで乾燥するか、その時時々に合わせて選んでください。

ガス乾燥機を購入するにあたっての注意点

乾燥の速さもガス代も非常に優秀なガス乾燥機。ですがあまり普及していないのが現状です。他の乾燥機に加えて、設置に少し手間がかかるからでしょう。
ガス乾燥機には、ガス管と排湿筒の設置が必要で、以下の二種類の方法があります。

壁貫通方式
洗面室など屋内に設置する方法で、屋外に面した壁に排湿筒を通し湿気を屋外に排出します。
工事費は28,000円~。
ベランダ設置式
乾燥機本体をベランダなど屋外に設置する方式になります。マンションに後付する場合には基本的にこちらの方式になります。工事費は25,000円~。

また以下の様な場所は設置に適していません。

  • 風呂場の中など湿気の多い場所
  • 24時間換気システムの吸込口の近く
  • ひさしのようなものがなく、直接水や雨などがかかる場所
  • 給気がとれない場所
  • 屋内で排湿筒が設置出来ない場所
  • 直接屋外へ排湿できない場所

出典:設置方法/東京ガス
このように設置に多くの制限があるのがガス乾燥機のデメリットになります。

まとめ

ガス乾燥機は設置に少し難がありますが、乾燥機としては早さもガス代のコスパも最高の性能を持っています。日が短くなってくるこの時期、天日干しはあてになりません。乾燥機の導入をお考えの際は、ガス乾燥機をぜひ考えて見てください!

ガス乾燥機はとにかく早くそして安い!

ガス衣類乾燥機1回(50分)のガス代

5kgタイプ
都市ガス:約40円
プロパンガス:約52円
3kgタイプ
都市ガス:約23円
プロパンガス:約92円

では他の乾燥機と比べてはどうなのでしょうか。
比べてみた表が以下になります。

乾燥機コスト乾燥時間
洗濯乾燥機(ドラム型ヒートポンプ)約23円約98分
☆ガス乾燥機約40円約50分
洗濯乾燥機(ドラム型ヒーター)約48.7円約150分
洗濯乾燥機(縦型ヒーター)約50.7円約189分
浴室乾燥機(ガス)
約58円約70分
電気衣類乾燥機約92円約180分
浴室乾燥機(電気)約125円約140分

最速はガス乾燥機、最安はドラム型ヒートポンプ洗濯乾燥機です。

次にガス乾燥機のガス代を節約する方法3つを紹介しています。合計節約額は年間約3,050円!

  • まとめて乾燥させて約510円節約
  • フィルターをきちんと掃除して年間1,625円のガス代節約
  • エココースを活用して年間約915円のガス代節約

メリットばかりのガス乾燥機ですが、設置方法が少し大変です。
排湿筒とガス管を設置する必要があり、他にも幾つかの設置の制限があります。
設置の際は、こちらのページでよく設置条件を確認してください。
出典:設置方法/東京ガス

ガス代の節約のために、ガス会社を見直そう!

2017年4月のガス自由化で、ガス会社が自由に選べるようになります。自分にぴったりなガス会社のプランを選んで、ガス代を節約しよう!

エネチェンジでは都市ガスの料金プランを比較できるガス料金比較サービスも提供しています。郵便番号をいれるだけで、アナタの住んでいるエリアで選べるガス料金プランがわかりますよ。都市ガス会社選びは、エネチェンジで!

電力会社切り替えはエネチェンジ電力比較を引き続きご活用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数