エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 北海道・札幌で一人暮らしをする場合の光熱費と生活費はどのくらいかかるの?
 

北海道・札幌で一人暮らしをする場合の光熱費と生活費はどのくらいかかるの?

家計の見直し

北海道・札幌で一人暮らしをする場合の生活費について詳しく解説しています。部屋の広さ別の家賃、光熱費、節約のためのポイントを紹介していますので、これから札幌で一人暮らしをする予定のある方は参考にしてみてくださいね。

都会と田舎の両方の魅力を合わせ持つ北海道の首都札幌、夏は真夏日が数日あり、冬は真冬日という一日中氷点下の日もあります。四季の変化がはっきりしている、雪の多い土地です。

このような札幌で一人暮らしを始めると、生活費のかかり方で予想していなかったことが多々あるはずです。それらをご紹介していきます。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

札幌の一人暮らし用マンション、アパートの家賃

家賃というのは生活費の中で、最も大きな固定量です。一人暮らしですから、ワンルーム、1K、1DKの賃貸料を見てみましょう。

札幌市のワンルームマンション、アパートの家賃 (単位:万円)

 札幌市中央区
札幌市北区札幌市東区札幌市白石区札幌市豊平区札幌市南区札幌市西区札幌市厚別区札幌市手稲区札幌市清田区
マンション3.5万円3.2万円2.9万円2.7万円2.8万円2.7万円3.2万円3.1万円4万円3万円
アパート2.8万円2.3万円2.5万円2.3万円2.5 万円2.5万円2.5万円2.8 万円2.6万円2.5万円

札幌市の1K・1DKマンション、アパートの家賃 (単位:万円)

 札幌市中央区
札幌市北区札幌市東区札幌市白石区札幌市豊平区札幌市南区札幌市西区札幌市厚別区札幌市手稲区札幌市清田区
マンション4.3万円
4万円
3.63万円3.4万円3.8万円3.7万円4.4万円4.35万円4.5万円2.9万円
アパート4万円3.3万円3.5万円3.3万円3.3万円3.6万円3.8万円3.8万円3.7万円3.7万円

参照:goo 住宅・不動産

家賃が高めの区があります。そのような区域は交通の利便性がとてもいいなど、それなりの理由がある場合が多いです。家賃が高めの厚別区などは地下鉄、バス、JRのどれもとても便利です。

このテータから、札幌では一人暮らし用の家賃は少し割高なマンションであっても、4万円前後あれば選択の幅が広くなりそうだとわかりますね。

よいお部屋探しのちょっとしたコツ

寒冷地札幌では家賃だけで考えないで、光熱費のことを考える必要があります。冬は大きな負担になってしまう暖房費を少しでも少なくするには日当たりのよい鉄筋コンクリートのマンションが住みやすいです。

ものすごく日当たりが良ければ、3月では暖房を数時間しか使わなくても大丈夫という物件もあります!ちなみに、札幌では5月くらいまで暖房を使う家も全然珍しくありません。

札幌の水道光熱費

総務省統計の水道光熱費の都市階級・地方別のデータです。これは一人暮らし用のデータではなく、単身世帯・勤労世帯のデータです。一人暮らし、要するに単身世帯ですと、これよりも少ない数字になるでしょう。

項目
光熱・水道 合計電気代

ガス代他の光熱
上下水道料
全 国平均
11,849円5,565円3,307円948円2,029円
北海道・東北15,912円5,767円3,073円4,597円2,475円
関 東
11,093円5,493円3,299円363円1,938円
北陸・東海
12,165円6,077円3,331円773円1,983円
近 畿11,445円5,465円3,540円376円2,063円
中国・四国11,449円5,456円3,402円726円1,865円
九州・沖縄10,906円5,275円3,140円459円2,032円

東北、北海道の水道光熱費を見ていただくと、他の都道府県に比べて高めだということがわかるでしょう。これが、札幌の一人暮らしで生活費をやりくりする上でのネックとなりうることは忘れていけません。

札幌の夏はエアコンなしが普通って本当?

さっぽろお天気ネットのデータによると、札幌は真夏日が8日くらいあります

最近の傾向として、家賃がさほど高くないアパートにもエアコンがついている物件がすごく増えました。

エアコンさえ使わなければ札幌は電気代はかからないほう?

夏はエアコンは使わなくても、扇風機くらいは使うでしょう。それでも、春、夏、秋は電気代を含めた光熱費を節約しておく大チャンスです。生活費から少し貯金ができる人もいるでしょう。夏は2,000前後から3,000円くらいで電気代をやりくりできる人が多いです。

ただし、冬になるとストーブなどの暖房を使うための電気代がかかります。電気ストーブを使う場合は電気代は必然的にかなり高くなります。ただし、札幌で電気ストーブをメインで使っている人はあまり見かけません。

住環境によっては暑い日もある?

あります。鉄筋コンクリートのマンションで日当たりが良い場合、夏は室温35度くらいになる物件も珍しくありません。ペットがいて、人間は留守にする場合、夏の間エアコンがないとかわいそうです。その分、冬は暖かいです。

札幌の生活費は暖房費がポイント?

その通りです。家にいる時間が長い人の場合、12月、1月、2月は油断をすると暖房の種類にかかわらず、暖房費にかなりかかってしまいます。あまり家にいない人でも、1万円は軽く超えると考えておいてよいでしょう。

都市ガスとプロパンでは?

都市ガスのほうが安くなります。生活費を左右する大切なポイントです。「プロパンガス(LPガス)料金の平均」をチェックしてみましょう。特に北海道の場合は要注意です。

食費

一人暮らしの食費の平均はいったいどのくらい?」を参照してみてください。食費ば大体2万円くらいで何とかなりそうです。

旬の食材を利用して食費をコントロール

北海道のおいしい旬の食材を利用して、安く、よりおいしくいただきましょう!食費を節約できて一石二鳥です。

おつとめ品などが出る時間を知って食費をコントロール

冬に想定外の暖房費がかかってしまった時や、ちょっと出費が続いた時になんとか切り抜けるための生活の知恵です。

消耗品

女性のほうが消耗品はお金がかかりそうですが、生活の仕方によっても違ってきます。消耗品は安い時に購入しておくとか、ポイントなどをうまく使って購入するとかしておくほうがよいでしょう。長い目で見ると、生活費がかなり違ってきます。

通信費

一人暮らしの場合、フィーチャーフォンだけの人から、パソコンもスマートフォンも持っている人までいるでしょう。しかし、通信料は使い方にかなり気を付けていれば、実は人によって、そんなに大きく変化しないかもしれない固定費でもあります。

若い人なら、通信機器はスマートフォンだけという人も多いでしょう。これは自分に最適なプランを選ぶように常に心掛けないと、損をしているかもしれません。最新情報をチェックし、プラン見直しも頻繁にしましょう。1万円以内で収まる人が多いのではないでしょうか。そのくらいにしたいところです。

札幌での一人暮らしの生活費はどのくらいでいけそう?

ズバリ、10万円の生活費で一人暮らし可能です。ただし、家賃は3万円台前半くらいまでの物件にしたほうが楽です。

札幌で一人暮らしをする場合の生活費のまとめ

札幌で一人暮らしをする場合の生活費は冬さえ上手にやりくりできれば、10万円くらいでいけます。ただし、冬などは少し贅沢をすると、足りなくなってしまうおそれもあります。その場合は上手にやりくりをして、まずは一年乗り切ってみましょうか。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。