【重要】 電力会社を切り替えていても、災害時の復旧作業は不利なく行われます。
冬の電気代を安くしたいなら、今すぐ手続き!
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. できてしまったカビを除去する方法と除菌のポイント
 

できてしまったカビを除去する方法と除菌のポイント

毎日の暮らし

毎日しっかり掃除をしているつもりでも、家の中っていつの間にかカビがはえてしまって困りますよね。はえてしまったカビは徹底的に除去し、しっかり除菌することが大切です。

ちょっとした拍子に気が付く、ガラス窓や家具についた黒いブツブツ。それは汚れではなくて、カビなんです!いつのまにか家のあちこちで繁殖してしまうカビは、放っておけば家具や布団までダメになってしまいますし、病気の原因にもなりかねません。
家の中で繁殖するカビを除去する方法や、カビが生えるのを防ぐ除菌のポイントについてご紹介します。

まずはカビのことをよく知っておきましょう

pixta_18071511_M
しっかりカビを除去して家族の健康を守りましょう
カビの除去をしたいのであれば、まずカビが生える原因を知っておきましょう。また、家の中でカビが生えやすい場所についても解説します。

カビが繁殖する3つの条件

カビとは、キノコのような子実体を形成しない、菌糸だけで形成される菌類で、コロニーと呼ばれる集団を作ります。カビが活発に繁殖するためには、次の3つの条件が必要です。

  • 20~30℃前後の温度
  • 湿度80%の湿度
  • 汚れやホコリ、食品などの栄養

家の中でカビが生えやすい場所は?

カビが繁殖しやすいのは、次の条件にあう場所です。

  • 結露がよくできるところ
  • 空気がたまりやすいところ

家の中を見回して、カビがはえやすい場所のカビを重点的にチェックする習慣をつけましょう。

カビができやすいのはこんなトコロ!
  • 浴室や洗面所、台所のシンクなどの水まわり
  • 窓辺
  • 収納や押し入れの壁
  • 北側の部屋

春先にしっかりカビを除去しましょう

カビというと梅雨になって慌てて対策し始める人が多いのですが、カビの除去は春先から始めましょう。冬から春にかけて空気は乾燥しますが、家の中は暖房のために結露ができやすく、あちこちで小さなカビができてしまいます。その後暖かくなり、梅雨に入って温度と湿度の条件が整うとカビが一気に繁殖を始めてしまうので、春先に小さなカビを見逃さず、除去しておくことが大切です。

できてしまったカビを除去する方法と除菌のポインット

小さなカビに気が付いたら、大きなコロニーになる前にカビを徹底的に除去しましょう!カビは常に空気中に漂っていますので、カビの除去は、

  • 汚れを落とす
  • 殺菌する

の両方をしなくては効果があがりません。カビを除去&除菌するポイントをご紹介します。

室内のカビを除去する際は換気から始めましょう

pixta_11852451_M
毎日換気をすればカビの繁殖を防げます
室内の床や壁にカビを見つけてしまったら、まず窓を開け放して室内の換気をしましょう。室内でカビが繁殖している場合は空気中に胞子が浮遊しています。掃除をしている間は換気をして、胞子を室外に追い出しましょう。こうすることで除去後の再繁殖のリスクを抑えることができます。

掃除機と濡れ雑巾は気を付けて使いましょう

pixta_13449723_M
床にカビの心配はないと子供も安心です
カビの胞子は床に落ちていますので、いきなり掃除機を使うとカビの胞子を舞い上げて広げてしまいます。ドライ式のモップを先にかけて胞子を取り除き、その後掃除機をかけて細かいゴミを取り除きましょう。
床や畳を濡れ雑巾で拭くと、湿気でカビを増やす可能性があります。雑巾は固く絞って水拭きし、拭いた後はしっかり乾燥させてから、除菌をしましょう

除菌にはエタノールが最適です

冷蔵庫で保存
エタノールは冷蔵庫の除菌にも安心して使えます
カビを取り除いた後の除菌に一番効果的なのは、エタノールをスプレーして使う方法です。エタノールにはカビのタンパク質を分解して死滅させる効果があるのです。揮発性が高いのですぐに乾きますし、匂いも残りません。エタノールを80%に薄めた消毒用アルコールスプレーを使えば簡単ですし、薬局で売っている無水エタノールを6:4の割合で水で混ぜれば、簡単にカビ撃退スプレーが作れます。
エタノールを扱うときの注意点
  • 火のそばでは使わない
  • 換気をしながら使う
  • 水性ワックスやニスなどの塗装部、アクリル製のプラスチック、白木や桐の家具、絹に使う時には目立たないところで試して、変質がないか確認してから使う

室内の軽いカビは住宅用中性洗剤で落としましょう

pixta_17140292_M
軽いカビのうちに除去するのがポイントです
室内の軽いカビは、住宅用中性洗剤で落とせます。フワフワとしたカビは胞子が飛び散るので、マスクをして住宅用中性洗剤を拭きつけてしばらく置いてから濡れ雑巾で拭き取りましょう。その後しっかり乾燥させてからエタノールを吹き付けて除菌をして、カビの再繁殖を防ぎます。
しっかり根の張った黒カビはカビ取り剤でないと落ちませんが、漂白効果も刺激も強いので、室内での使用は控えた方が無難です。黒カビを作らないように、こまめに室内のカビの有無をチェックしましょう。

頑固な水回りのカビにはカビ取り剤か漂白剤を使いましょう

pixta_19342889_M
カビが繁殖しやすい水回りの除去は念入りに!
浴室や洗面所、台所のシンクなどの水まわりの軽いカビは中性洗剤で落ちますが、パッキンなどの頑固な黒カビは次亜塩素酸系のカビ取り剤を使って取り除きます。カビ取り剤はカビを殺菌漂白して除去しますので、吹き付けてからラップを密着させてパックをして時間をおくと効果的です。汚れが落ちたらカビ取り剤をよく洗い流して、乾燥させてからエタノールで除菌しましょう。
カビ取り剤を使う時の注意点
  • カビ取り剤を使う時には、必ず換気をする
  • ゴム手袋やビニール手袋を使用して、皮膚についたらすぐに洗い流す
  • 変色・変質しないか、目立たない場所で試してから使う
  • 目より上にはスプレーしない
  • 酸性系の洗剤と混ぜて使わない

カビの胞子がつきやすいカーテンのカビの除去方法

shutterstock_263588705
目立ちにくいカーテンのカビに注意!
窓辺はカビの温床となりやすいので、カーテンはできれば月1回、最低でも年4回はカーテンを洗濯して、カビを取り除きましょう。
カーテンを洗濯してよく乾かしてからカーテンレールにセットし、エタノールスプレーを吹き付けて除菌をしておけば、カビの発生を抑えることができます。頻繁にカーテンを洗濯することが難しい場合には、週1回はエタノールでカーテンを除菌しておくといいでしょう。

収納・押し入れの衣類や布団についたカビの除去方法

pixta_17139645_M
定期的に内部のカビチェックをしましょう
収納や押し入れに入れた衣類や布団にカビがついてしまったら、換気をしながら軽く洋服用ブラシをかけて胞子を落とし、タオルにエタノールを含ませて叩くように拭き取ってカビを除去しましょう。カビが落ちたら天日干しをして、しっかり乾燥させておけば再繁殖が防げます。
収納や押し入れは風通しが悪いので、内部に物を詰めすぎないように注意して、少しだけ扉を開けておくことを習慣にしてカビを防ぎましょう。

家の中にカビを作らないためにはどうすればいいの?

暖かく気密性の高い住宅はカビにとっても住みやすく、放っておけば一年中家の中でカビが繁殖してしまいます。家の中にカビを作らないために一番良いのは、家の中の風通しをよくして家の中を乾かすことです。カビは空気中の水蒸気を使って繁殖するのではなく、物体の表面についた水分を使います。風通しを良くしておくことで表面の水分を乾かせば、かなりのカビをなくすことができますよ。

カビを防ぐ風通しの良い家の整え方
  • 換気扇だけに頼らず、一日3~4回は窓を開けて換気をしましょう
  • 家具と壁のあいだを5㎝程度開けて風通しをよくしましょう
  • 帰宅後は10分間窓を開けて換気を習慣づけましょう
  • 結露を作らないために、暖房の設定温度は控えめにしましょう

カビを除去するとともに、カビを発生させない環境を作りましょう

カビは、結露や空気がたまりやすい場所に発生しやすいです。暖かくなってくる季節になると、カビの繁殖力もどんどん増してきてしまいます。一度家中を見渡して、カビの除去を徹底的に行いましょう。
また、カビを発生させない環境を作ることも大切です。部屋の換気をまめに行い、空気を循環させることを忘れないでくださいね。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数