太陽光発電や蓄電池など、卒FITに関する最新情報をお届け!メールマガジンを配信中です

太陽光発電や蓄電池など、卒FITに関する最新情報をお届け!メールマガジンを配信中です
太陽光発電・売電を知る

2019年11月以降、太陽光発電で作られた余剰電力の買取制度による買取期間が随時終了(卒FIT)します。各社がさまざまな情報を発表していますが、わからないことがたくさんありますよね。そこでエネチェンジは、卒FITに関する最新情報をお届けするメールマガジンを配信中です。詳細をお伝えします。

2019年11月から住宅用太陽光発電のFIT買取期間が随時満了(卒FIT)しています。この卒FIT後は、太陽光発電からつくられた余剰電力の買取価格が大幅に安くなってしまうため、今後どうするべきなのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

そこでエネチェンジでは、太陽光発電や蓄電池などの卒FITに関係する最新情報を随時お届けするメールマガジンを配信中です。

詳細をお伝えします。

再生可能エネルギーバナー

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均21,939円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2022年5月1日〜2022年6月12日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

更新日
2019年11月27日

「卒FIT」とは?簡単におさらいしよう!

「卒FIT」とは、2009年からスタートした「余剰電力買取制度」から10年が経過し、太陽光発電でつくられた余剰電力の売電を行う世帯の契約が2019年11月から随時終了することを意味しています。
つまり、高い価格で売電できる期間が終了し、売電価格が大幅に下落してしまうのです。

買取期間が終了したら、どうすればいい?

買取期間が終了したら、どうすればよいのでしょうか?以下、主に3つの対策が考えられます。

  1. 電力会社と売電契約を結び直す
  2. 従来通り昼間は自家消費を行い、夜間は電力会社の電気を使用する
  3. 余剰電力を蓄えるための蓄電池を設置し、発電できない夜間に利用する

2019年11月以降も余剰電力の買取そのものは継続されますが、今までよりも価格が下がっていることと、近年災害による停電が多発していることもあり、蓄積した余剰電力を夜間に使用することのできる「蓄電池」に注目が集まっているのです。

エネチェンジのメールマガジン、どんな情報を教えてくれるの?

卒FITに関するエネチェンジメールマガジンでは、さまざまな情報をお知らせしています。

こちらの記事は、内容の一部です。今後も再生可能エネルギーや太陽光発電、蓄電池など卒FITに関係する最新情報を不定期で配信していく予定です。

卒FITに関するエネチェンジメールマガジンの登録はこちらから!

卒FITに関するエネチェンジメールマガジンについて、紹介しました。

卒FITや関連情報について、各社がさまざまなプランやサービスを公表していますが、今後も新たな情報が随時発表されるはずです。

そこでエネチェンジでは、太陽光発電や蓄電池をはじめとする卒FITに関する最新情報をメールマガジンにて随時配信しています。

「近いうちに卒FITを迎えるけれど、どうするのがいいのか知りたい」「太陽光発電や蓄電池などの最新情報を知っておきたい」という方は、エネチェンジ利用規約と個人情報の取扱いについてをご確認の上、以下のフォームからぜひご登録くださいね!

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。