ガスストーブのガス代と節約術、効果的な使い方を紹介!

ガスストーブのガス代と節約術、効果的な使い方を紹介!
ガス代の節約

ガスストーブを使っている方、購入を考えている方に向けて、ガスストーブのガス代や節約術、効果的な使い方などを紹介します。ガスストーブのガス代って高いの?安いの?ほかの暖房器具に比べてお得なの?ガスストーブ使用する時の注意点は?など、ガスストーブを活用するのに役立つ情報をまとめました。

暖房器具はみなさん何をお使いですか?エアコンを暖房として使っているあなた!一度ガスストーブを検討してみてはいかがでしょうか?エアコンに比べてガスストーブは冷えている手足を暖めるのに適しているだけでなく、部屋の空気を乾燥させにくく加湿効果があります。

暖房器具として有能なガスストーブですが、気になるのはそのガス代ですよね。エアコンやこたつ、電気カーペットなどほかの暖房器具と比べてガスストーブのガス代は高いのでしょうか?

気になるガスストーブのガス代と節約術、効果的に部屋を暖める使い方、使用時の注意点などを紹介します。

更新日
2021年6月22日

ガスストーブの仕組み

出典:ガス赤外線ストーブ|リンナイ

ガスストーブはガスの燃焼により空気を暖めて温度差による対流で部屋の空気を暖めます。
燃焼パネルや燃焼筒で、赤外線による輻射熱(ふくしゃねつ)を発生させて暖めるので、温風が直接肌に当たることはありません。

ガスストーブは部屋全体が暖まるまでには時間がかかりますが、正面にあるものをすぐに暖められます。またガス栓につなぐものだけでなく、単三電池などで使えるコードレスなものも多く存在します。

ガスストーブは部屋が乾燥しにくい!

エアコンの暖房は室温が上がって湿度が下がるため乾燥を引き起こします。一方、ガスストーブは燃焼時に水蒸気を発生させるため、室温が上がっても乾燥しにくいんです!

ただしガスストーブは部屋の空気を使って燃焼するため、不完全燃焼による一酸化炭素中毒の防止のために、定期的な換気を忘れないよう注意しましょう。

ガスストーブのガス代は、ズバリ!

それではまず、ガスストーブのガス代がどのくらいかかるのかをみてみましょう。

ガスストーブのガス代

リンナイのガスストーブ2種類を、それぞれ強で使用した場合のガス代を計算しました。

ガスストーブを1時間・1日(8時間使用)使った場合のガス代

製品名ガス消費量部屋の広さの目安ガスの種類
1時間あたり1日(8時間)あたり
リンナイ
R-852PMSⅢ
4.07kW
(強で使用した場合)
木造11畳まで
コンクリート15畳まで
都市ガス約42.47円約339.76円
プロパンガス(LPガス)約69.41円約555.28円
リンナイ
R-1290VMSⅢ
5.81kW
(強で使用した場合)
木造15畳まで
コンクリート21畳まで
都市ガス約60.63円約485.04円
プロパンガス(LPガス)約99.08円約792.64円
参照:ガス赤外線ストーブ デジタルカタログ|リンナイ1時間使用時のガス代=出力(kW)×3.6MJ/h×1h÷ガス発熱量(MJ/㎥)×ガス料金(円/㎥)×使用時間(h)で計算しています(消費以下第3位切り捨て)。1kW=3.6MJ/hとし、ガス発熱量は東京ガスの都市ガスで45MJ/㎥,プロパンガスで99MJ/㎥とし計算しています(消費以下第3位切り捨て)。お使いの都市ガスの正確な燃焼量に関しては各都市ガス会社にお問い合わせください。都市ガスの基本料金は、東京ガスの東京地区等B表の基準単位料金(2021年2月時点)130.46円/m3、プロパンガスの基本料金は、プロパンガス料金消費者協会の東京都の平均料金(2021年2月時点)を参考に469.00円/㎥として計算しています。
 
使用するガスの種類によってガス代は異なり、プロパンガス(LPガス)の方が都市ガスよりも約1.6倍高いんですね。毎日8時間使用すると1カ月(30日間)のガス代は都市ガスの場合で10,192.80円~14,551.20円、プロパンガスの場合で16,658.40円~23,779.20円もかかります。

月々のガス代はガス会社を変えれば安くなる!

ガスストーブをよく使うせいで月々の電気代が高いと感じている方は、ガス会社の切り替えもおすすめです。スマートフォンの料金プランを切り替えて通信費を節約するように、ガス代もガス会社・料金プランを切り替えることで節約が可能です。

「エネチェンジガス料金比較」では、お住まいのエリアで契約できるガス会社の中からご家庭のガス代を安くできるプランをかんたんに比較でき、節約額の目安もひと目でわかります。気に入ったプランがあればそのままお申し込みいただけます。切り替えで今よりもガス代がどのくらい安くなるのか、診断してみましょう。

 

電気とガスのセットプランを選ぶのも手!

ガス代だけでなく、電気代も節約したいという方は、ガスと電気をセット契約できる料金プランもおすすめです。セット契約できるプランを選ぶと、セット割引が適用されてガス代や電気代がお得になるだけでなく、支払いもひとつにまとめられて家計管理がラクになるというメリットもありますよ。

ご家庭の生活スタイルやガスの使い方などによって、セットプランがお得な場合と、ガスと電気を別々の会社で契約した方がお得になる場合があります。どちらがお得になるのかわからない、悩んでしまうという方は、エネチェンジで最適なプランを診断してみましょう。


ガスストーブのガス代、ほかの暖房器具の電気代と徹底比較!

次に、ガスストーブのガス代とほかの暖房器具の電気代がどのくらい違うのかを比較してみましょう。
エアコン、電気こたつ、電気カーペット、電気ストーブ(ハロゲンヒーター)、電気ストーブ(カーボンヒーター)、オイルヒーターの6つの電気代と比較してみました。

エアコン暖房の電気代

エアコン暖房の電気代は以下の通りとなります。三菱電機の「霧ヶ峰 Zシリーズ」を暖房で使用した場の電気代です。

エアコンの暖房を1時間・1日(8時間使用)使った場合の電気代

製品名暖房時の消費電力部屋の広さの目安1時間あたり1日(8時間)あたり
三菱電機
MSZ-ZW4021S
970W(105W〜3,500W)11~14畳約26.19円(約2.83円~94.50円)
約209.52円(約22.64円~756.00円)
三菱電機
MSZ-ZW5621S
1,580W(105W〜3,670W)15〜18畳約42.66円(約2.83円~99.09円)
約341.28円(約22.64円~792.72円)
参照:Zシリーズ|三菱ルームエアコン(家電量販店モデル)|三菱電機1回使用時の電気代=消費電力(W)×1h÷1,000×電力量料金(円/kWh)×使用時間(h)で計算しています(小数点第3位切り捨て)。1kWhあたりの電力量料金を27.00円として計算しています。
 

エアコンは電源を入れて部屋の温度が設定温度になるまでと、温度がある程度保てているときの消費電力量に差があるため、消費電力量の最小値と最大値の電気代が大きく異なります。

部屋の広さの目安が11畳の製品でガスストーブとエアコン暖房の電気代を比べてみると、エアコンの電気代は1時間あたり約26.19円で、ガスストーブの都市ガス代よりも約16.28円割安となっています。

電気こたつの電気代

電気こたつの電気代は以下の通りとなります。山善の電気こたつを使用した場合の電気代です。

電気こたつを1時間・1日(8時間使用)使った場合の電気代

製品名1時間あたり1日(8時間)あたり
山善
GIN-1070
約4.30円約34.40円
約2.20円約17.60円
参照:こたつ|暖房機器一覧|山善

電気こたつを強で使用すると1時間あたりの電気代は約4.30円で、ガスストーブの都市ガス代よりも約38.17円~56.33円割安となっています。

電気カーペットの電気代

電気カーペットの電気代は以下の通りとなります。パナソニックの2畳と3畳の電気カーペットを室温15℃の環境で使用した場合の電気代です。

電気カーペットを1時間・1日(8時間使用)使った場合の電気代

製品名(室温15℃)1時間あたり1日(8時間)あたり
パナソニック
DC-2NKB1(2畳相当)
約9.00円約72.00円
約6.20円約49.60円
パナソニック
DC-3NKB1(3畳相当)
約12.70円約101.60 円
約9.00円約72.00円
参照:パナソニック DC-2NKB1パナソニック DC-3NKB1

2畳の電気カーペットを高で使用すると1時間あたりの電気代は約9.00円で、ガスストーブの都市ガス代よりも約33.47円~51.63円割安となっています。

電気ストーブ(ハロゲンヒーター)の電気代

電気ストーブ(ハロゲンヒーター)の電気代は以下の通りとなります。日立のハロゲンヒーターを使用した場合の電気代です。

電気ストーブ(ハロゲンヒーター)を1時間・1日(8時間使用)使った場合の電気代

製品名消費電力1時間あたり1日(8時間)あたり
日立
HLH-SS1070/HLH-HS307
1,000W
(強で使用した場合)
約27.00円約216.00円
参照:ハロゲンヒーター|電気暖房|日立

電気ストーブ(ハロゲンヒーター)を強で使用すると1時間あたりの電気代は約27.00円で、ガスストーブの都市ガス代よりも約15.47円~33.63円割安となっています。

電気ストーブ(カーボンヒーター)の電気代

電気ストーブ(カーボンヒーター)の電気代は以下の通りとなります。山善のカーボンヒーターを使用した場合の電気代です。

電気ストーブ(カーボンヒーター)を1時間・1日(8時間使用)使った場合の電気代

製品名1時間あたり1日(8時間)あたり
山善
DC-S098
約24.00円約192.00円
約12.00円約96.00円
参照:遠赤外線カーボンヒーター|暖房機器一覧|山善

電気ストーブ(カーボンヒーター)を強で使用すると1時間あたりの電気代は約24.00円で、ガスストーブの都市ガス代よりも約18.47円~36.63円割安となっています。

オイルヒーターの電気代

オイルヒーターの電気代は以下の通りとなります。デロンギのオイルヒーターを使用した場合の電気代です。

オイルヒーターを1時間・1日(8時間使用)使った場合の電気代

製品名部屋の広さの目安1時間あたり1日(8時間)あたり
デロンギ
オイルヒーター/コンベクターヒーター
(通常運転で使用した場合)
10畳
(設定温度20℃)
約18.20円約145.60円
8畳
(設定温度18℃)
約12.70円約101.60円
6畳
(設定温度16℃)
約8.80円約70.40円
参照:オイルヒーター/コンベクターヒーターの場合|デロンギ ヒーターの電気代は?|デロンギ

広さ10畳の部屋でオイルヒーターを設定温度20℃で使用すると1時間あたりの電気代は約18.20円で、11畳~14畳の広さで使用するガスストーブの都市ガス代よりも約24.27円割安となっています。

【まとめ】ガスストーブのガス代とほかの暖房器具の電気代比較表

ガスストーブの1時間あたりのガス代とほかの暖房器具の電気代の比較を表にまとめてみました。

暖房器具1時間の使用料金
ガスストーブ約47.31円~67.54円
(都市ガスの場合)
約555.28円~792.64円
(プロパンガスの場合)
エアコン約26.19円~42.66円(約2.83円~99.09円)
電気こたつ約2.20円~4.30円
電気カーペット約6.20円~12.70円
電気ストーブ(ハロゲンヒーター)約8.91円~27.00円
電気ストーブ(カーボンヒーター)約12.00円~24.00円
オイルヒーター約8.80円~18.20円

もっとも高いのはガスストーブのガス代、次にエアコン暖房の電気代が高いということがわかりました。

電気こたつ、電気カーペット、ハロゲンヒーやカーボンヒーターなど電気ストーブ、オイルヒーターは一部分や狭い空間を短時間で暖めてくれますが、ガスストーブやエアコンのように部屋全体を暖めるのには適しません。また、電気ストーブは強で使用すると電気代が割高となって、エアコンの電気代と同額くらいになります。

手や足などをピンポイントで暖めたい場合や、短時間だけ使用する場合に向いている暖房器具の中でも、電気ストーブの電気代はもっとも高いんですね。

ガスストーブの節約術、効果的に使う方法は?

即暖性があって加湿効果もある便利なガスストーブは、寒い冬を過ごすために必要な暖房器具のひとつですよね。ほかの暖房器具と比べてガスストーブのガス代は高いですが、効果的に使えば無駄なく活用できます!

ガスストーブ+エアコンの併用で部屋をすばやく暖める!

出典:ちょっとの工夫で大きな効果!節電で賢く節約、わが家の冬の暖房費|dinos(ディノス)

エアコン暖房は部屋全体を暖められますが、暖まるまでに時間がかかり消費電力が高くなるため電気代がかかります。
部屋全体を効率よく暖めるためには、立ち上がりが早くて即暖性のあるガスストーブやファンヒーターを併用するのがおすすめです。

部屋が適温に暖まるまでストーブやファンヒーターを使用したあとにエアコンの暖房に切り替えれば、エアコンの設定温度が低くても室温が十分に保たれるので、電気代を節約しながら部屋をすばやく暖められます。

ガスストーブを窓際に置いて部屋をすみずみまで暖める!

出典:上手に暖房するにはどんな方法がありますか?|よくあるご質問:石油暖房機器|ダイニチ

ガスストーブは外気に接する窓や壁に近い場所に置きましょう!
冷たい空気がガスストーブで暖められて上昇するため、部屋の上層下層での温度差が少なくなり暖房効果が期待できますよ。ただし、ガスストーブはカーテンなどから離して使用するように注意しましょう。

ガスストーブを窓から離れた場所に置くと、暖められた空気が窓際などで再び冷えてからヒーターへ戻ってくるという流れができて暖房効率が悪くなってしまいます。扇風機やサーキュレーターなどを上向きに回して使って部屋の空気を循環させるのも、部屋の温度を一律に保つのにおすすめの方法です。

ガスストーブの使用時に注意すべきポイント

ガスストーブの効果的な使い方がわかったら、使用にあたって注意するポイントも確認しておきましょう。

ガスストーブを使用する前に、ガスの種類と適合するかを確認する

都市ガスの場合
出典:ガス機器とガスの種類|ガス機器を安全にご利用いただくために|東京ガス

ガスストーブを購入する、もしくは使用する前には貼付されているステッカーを必ずチェックして、ガスの種類と合っているかを確認しましょう。
ステッカーが見あたらず持っているガス機器がガスの種類と適合しているかわからない場合は、ガス会社に相談してみてくださいね。

ガスの種類に合っていないガスストーブを使用してしまうと、火災や不完全燃焼などを起こす場合があるので危険です。

例えば13Aの都市ガスを使用している場合は、機器が都市ガスの13A用(または12A・13A両用)であるかを確認してください。プロパンガス(LPガス)を使用している場合は、プロパンガス用かを確認しましょう。

ガスストーブ使用時は、こまめに換気をする

ガスストーブは部屋の酸素を使って燃焼するため、換気が不十分だと不完全燃焼による一酸化炭素中毒を起こす危険があります。

ガスストーブの使用時には1時間に1~2回、1回につき1~2分程度換気扇を回すか窓を開けるなどして換気するようにし、換気ができない場所では使用しないようにしましょう。

参照:ガスファンヒーター・ガスストーブの安全な使い方|日本ガス石油機器工業会

ガスストーブ使用時は、適切なガスコードを使う

不適切なガスコードで無理に接続をすると、接続部に傷がつくなどしてガスもれや火災の原因となります。適切なガスコードを使って接続するようにし、接続部にゴミなどの異物がないのを確認して確実に接続しましょう。接続しない時は接続部に保護キャップをはめておくようにしてくださいね。

参照:ガスファンヒーター・ガスストーブの安全な使い方|日本ガス石油機器工業会

ガスストーブの周囲に可燃物やスプレー缶・カセットボンベを置かない

ガスストーブの周囲には、洗濯物やスプレー缶・カセットボンベなど火災の原因になるものを置かないように注意しましょう。

近くで乾かしていた洗濯物が輻射熱で燃え出して火災になる場合もあるので、洗濯物を部屋干しする時ガスストーブの近くは避けてくださいね。

参照:ストーブと洗濯物|豊岡市消防本部

ガスストーブは使い方を工夫して効率よく部屋を暖めよう!

ガスストーブのガス代と効果的な使い方、使用時の注意点などを紹介しました。
ガスストーブのガス代はほかの暖房器具と比べ割高ですが、即暖性があるのでエアコンと併用したり、窓際に設置したりと工夫すると効率よく部屋を暖められます。またガスストーブは、加湿効果があるので部屋が乾燥しにくい点もメリットのひとつです。

ガスストーブを安全に効果的に使って、寒い冬を快適に過ごしましょう。月々のガス代が気になるなら、ガス会社の切り替えもおすすめですよ◎

エネチェンジではご家庭ごとに最適なガス会社の比較ができて、そのままお申し込みが可能です。今よりどのくらいガス代が安くなるのか節約額の目安もわかります。最適なガス料金プラン探しにぜひご活用ください!

ガスのプランを探したい方はこちら
法人の方はこちら
  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。