【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 市場連動型プランとは?メリットとデメリットを解説!
 

市場連動型プランとは?メリットとデメリットを解説!

電力会社・電気料金プランの選び方

「市場連動型プラン」でなくても、市場価格に連動した項目を設けた電力会社も登場。「市場連動型プラン」の特徴のほか、メリットを多く享受できるケースと、デメリットやリスクになりうる状況もご紹介しています。

電力自由化により、大手電力や新電力から新しい電気料金プランが登場しています。
この記事では、「市場連動型プラン」について、ご紹介します。

「市場連動型プラン」とは

「市場連動型プラン」で用いられる「市場」とは、日本で唯一、電力の売買ができる「日本卸電力取引所(JEPX)」を指します。

電気料金単価があらかじめ決まっているプランに対し、「市場連動型プラン」は、市場(=日本卸電力取引所 / JEPX)の取引価格(=市場価格)に連動して、電気料金単価が決まるプランのことを指します。

「JEPX」は、「ジェーイーピーエックス」または「ジェイペックス」などと読まれることが多いです。

電力会社が日本卸電力取引所(JEPX)を使う理由

新電力(電力自由化で参入した電力会社、小売事業者)の多くは自社で発電施設を持っておらず、発電施設を持っていたとしても、契約者すべての電力を自社でまかなっているとは限りません。
そのため、自社でまかないきれない電力を日本卸電力取引所(JEPX)で調達しているのです。

注意!取引価格=料金単価ではありません

日本卸電力取引所の取引価格がそのまま電気料金単価となるわけではなく、託送料金(送配電網の利用料金)を始めとする各種費用が加算され、最終的な電気料金単価が決まります。よって、「市場連動型プラン」の電気料金単価が日本卸電力取引所(JEPX)の取引価格ではありません。注意しましょう。

「市場連動型プラン」のメリットとデメリット

「市場連動型プラン」のメリットを多く享受できるケースと、デメリットやリスクになりうる状況をご紹介します。

「市場連動型プラン」を用意している電力会社
F-POWER、エレトス、自然電力など

「市場連動型プラン」のメリット

市場価格が安い状態が続く、もしくは市場価格が安い状態のときに電気を使うことができれば、電気料金を抑えることが可能です。
たとえば下記のケースに当てはまる場合は、「市場連動型プラン」のメリットを多く享受できます。

市場価格に応じて電気使用量をコントロールできる
市場価格が高騰している時間帯は節電をするなど、市場価格の変動に応じて電気使用量をうまくコントロールできれば、電気料金を抑えることが可能です。
深夜から早朝までの時間帯の、電気使用量が多い
市場価格は日中の需要が多い時間帯に高まり、深夜から早朝の時間帯は安くなります。そのため、深夜から早朝の時間帯に電気を使う割合が多い場合には、割安な料金単価で電気を使うことが可能です。

「市場連動型プラン」のデメリット

市場価格を予期することは難しいために予算管理がしづらいことのほか、市場価格が高騰した場合のリスクヘッジが取りづらいという点は、デメリットとして挙げられます。
「市場連動型プラン」を契約する場合、下記のようなケースの対応を想定しておくことが好ましいです。

請求書が届くまで電気料金がわからない
市場価格は、その時の需要と供給のバランスによって大きく変化します。「市場連動型プラン」はその名のとおり、市場価格に連動するため、事前に料金単価がわからず、請求書が発行されるまで、その月の電気料金がわからないということも考えられます。
市場価格の高騰に対してあらかじめリスクヘッジがしにくい
日本卸電力取引所(JEPX)では値幅制限がないため、潜在的に電気料金が高騰する恐れがあります。市場価格を予測することは難しく、予測できたとしても、市場価格が高騰している時間帯の電気使用量を抑えることは容易ではない場合がほとんどでしょう。

「市場連動型プラン」でなくとも、市場価格の影響を受ける契約もあります

「市場連動型プラン」を契約していないから影響はない、とは言い切れません。
電気料金単価はあらかじめ決まっているけれども、市場価格に連動した項目を設けた電力会社もあります。

リミックスポイント
2016年4月1日から全国での電力供給を開始したリミックスポイントでは、2017年4月1日実施の電力需給約款を確認すると、以下のように記載されています。

第 6 条 燃料費調整
イ 燃料費調整については、料金変動を平準化するために、電力調達コストの変動に応じて、自動的に電気料金を調整することをいいます。
ロ 燃料費調整に関する制度または算定式を変更する際には、当社は、お客さまに対し適切な方法でその旨を通知します。

ハルエネでんき
2018年5月11日、法人の契約者向けプランに対し、ハルエネでんきは、電源の仕入価格変動にともなった「調達調整費」を「燃料費調整額」に合算し「電源調達調整費」として契約者に請求することを発表しました。

なお、市場価格に連動することから、電気料金に対して加算されることも減算されることも想定されます。
上記2社に関わらず、今一度、お手元の電気料金の明細に記されている項目について、内容をご確認いただくことをおすすめいたします。

「市場連動型プラン」まとめ

「市場連動型プラン」の特徴のほか、「市場連動型プラン」のメリットを多く享受できるケースと、デメリットやリスクになりうる状況を紹介しました。

「うちの会社、わたしの家の契約している電力会社・プランはどうなんだろう……」とご不安に思われた方もいらっしゃると思います。

エネチェンジでは、現在ご契約されている電力会社・プランについて、特徴やメリット、デメリットを知りたいというご相談をいつでも受け付けています。
もちろん費用はかかりません。どうぞお気軽にお問い合わせください。

法人のお客さま
「エネチェンジBiz」のスタッフがお答えいたします。
お問合せ:03-6774-6607(平日10時から18時)
一般のお客さま
「エネチェンジ」のスタッフがお答えいたします。
お問合せ:0800-123-0233(平日10時から18時)
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数