グランデータの電気料金プランは高い?メリットや解約違約金の有無を解説

グランデータの電気料金プランは高い?メリットや解約違約金の有無を解説
でんきの選び方

グランデータの電気料金プランについてご紹介。供給エリア、電気料金プランの種類、メリット・デメリット、解約違約金の有無など、グランデータについて知っておきたい情報をまとめました。「ONEでんきの特徴は?」「電気とガスのセットプランはあるの?」といった疑問も解決できますよ。

グランデータは多くの電気サービスを取りそろえています。この記事では、その中からONEでんき、サポでん、どうぶつでんきの特徴について解説します。

グランデータの電気を検討している方は、ぜひチェックしてくださいね。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均27,542円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2020年1月1日〜13日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

更新日
2021年8月31日

グランデータとは

ここでは電気の供給エリアなど、最初に知っておきたいグランデータの基本情報をご紹介します。

グランデータの供給エリア

グランデータのONEでんき、サポでん、どうぶつでんきの供給エリアは、沖縄・離島を除く以下のエリアです。

  • 北海道電力エリア
  • 東北電力エリア
  • 東京電力エリア
  • 中部電力エリア
  • 北陸電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 中国電力エリア
  • 四国電力エリア
  • 九州電力エリア

なお賃貸住宅でもグランデータの電力サービスに申し込むことができますが、建物全体が高圧一括受電契約の場合は申し込めません。

グランデータのメリット・デメリット

グランデータの最大のメリットは、電気料金プランの豊富さ。さまざまなライフスタイルに合わせたプランがか揃えられているため、ぴったりのプランがきっと見つかるはずです。

またグランデータは、東京ガス・東邦ガス・大阪ガスの都市ガス13Aを使用しているエリアのガス提供も行っています。電力サービスとセットで申し込むことで、ガス料金の合計から100円(税込)が割引されますよ。

一方デメリットは、ブランド・プラン数の多さからサービス・契約内容などが複雑化している点です。ブランド・プランによっては、燃料費調整額以外に電源調達調整費が電気料金から加減されるものがあったり(※)、人によって不要に感じられるオプションがついていたりするものもあります。契約前に約款を読み込み、不明点があれば問い合わせをしましょう。

※一般的な電気料金プランは、基本料金と電力量料金に、再生可能エネルギー発電促進賦課金、燃料費調整額が加算されます。

電気代を節約したいなら他社も比較しましょう!

電気代の節約のためにグランデータへの切り替えを検討しているなら、他社の電気料金プランも比較するのがおすすめ。電気料金プランといっても、昼間の電気代が安くなるプランや、ポイントの貯まるプランなどさまざまな種類があるんですよ。

国内最大級の電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などを入力するだけで、ぴったりな電力会社を見つけることができます。また引越しに合わせて電力会社の切り替えを検討しているなら、こちらのページ「引越し日に間に合う電力会社を調べる」もチェックしてみてくださいね。

グランデータの電力サービス

ここではグランデータの電力サービスの中から、ONEでんき、サポでん、どうぶつでんきのそれぞれの特徴をご紹介します。

グランデータの電力サービス1)ONEでんき

ONEでんきは、料金設定がわかりやすいのが特徴です。

東京電力EPや関西電力など旧一般電気事業者が提供している電気料金プラン「従量電灯」は、基本料金(または最低料金)がかかります。電力量料金も3段階に分かれていて、電気を使うほど1kWhあたりの単価が上がる仕組みになっています。

一方、ONEでんきは基本料金0円、電力量料金一律に設定されています。電気使用量が多いご家庭ほど節約効果を実感できるでしょう。

グランデータの電力サービス2)サポでん

サポでんは、電気使用量の多いご家庭向けのプランです。

旧一般電気事業者の電気料金プラン「従量電灯」は、基本料金(または最低料金)と電力量料金の構成となっていて、電力量料金は3段階になっています。東京電力EPの「従量電灯B」を例に挙げると、電力量料金は0kWhから120kWhまでの区分が19円88銭、121kWhから300kWhまでの区分が26円48銭、301kWh以上の区分が30円57銭と設定されていて、電気を使うほど単価も上がります。

サポでんの場合はこの3段階目が10%安く設定されています。

グランデータの電力サービス3)どうぶつでんき

どうぶつでんきには「サポートプラン」「ペット賠償責任保険プラン」があります。どちらのプランも毎月の電気代から100円が動物福祉団体へ寄付されるのが特徴。さらに「ペット賠償責任保険プラン」は、国内で起きたペットが原因の事故について、損害賠償金などの額に応じて1回につき最大5万円の保険金が支払われる付帯サービスがつきます。

料金面では、「サポートプラン」は旧一般電気事業者の電気料金プラン「従量電灯」よりも基本料金が2%、電力量料金の3段階目が10%安い設定がされています。「ペット賠償責任保険プラン」は、旧一般電気事業者の電気料金プラン「従量電灯」の基本料金だけ2%安い設定がされています。

どうぶつでんきによる寄付は寄付金控除を受けることができません。

グランデータの契約内容・申し込み方法

ここではグランデータの契約期間や解約違約金、申し込みの流れなど、契約前に知っておきたい情報をご紹介します。

グランデータの契約期間・解約手数料などについて

グランデータのONEでんき、サポでん、どうぶつでんきの契約期間・契約手数料・解約手数料・解約違約金は次の通りです。

契約期間は?
供給契約が成立した日から、料金適用開始の日以降1年目の日まで(以降1年ごとに自動更新)となっています。
契約手数料は?
かかりません。
解約手数料は?
かかりません。
解約違約金は?
かかりません。

グランデータの「NEXTでんきベーシックプラン」、HTBエナジーが供給元の電気料金プランなどには、更新月以外での解約の際に解約事務手数料3,850円がかかります。詳しくは契約書等を確認しましょう。

グランデータの支払い方法・請求書について

グランデータのONEでんき、サポでん、どうぶつでんきの支払い方法・請求書は次の通りです。

支払い方法は?
口座振替・クレジットカードでの支払いが可能です。
請求書は?
会員向けサイトで確認できます。

コンビニ払いの場合、払込票の発行に伴う事務手数料220円(税込)が別途かかります。

グランデータの申し込みの流れ

グランデータのONEでんき、サポでん、どうぶつでんきの申し込みの流れは次の通りです。

1)申し込み手続きをする
グランデータホームページ、もしくは電話で申し込みが可能です。
2)スマートメーターの設置
現在利用されている電力メーターがスマートメーターではない場合には、スマートメーターの設置が必要です(グランデータへの切り替えに限らず、電力会社を切り替える際には、スマートメーターの設置が必要です)。スマートメーターの設置は原則無料、設置には5分から40分程度を要し、設置への立会いは原則不要です。
3)グランデータの電気、利用開始
申し込み手続きが完了した後の最初の検針日から、グランデータの電気が利用可能になります。

グランデータはプランが豊富

グランデータのメリットは、プランのバリエーションが豊富な点です。基本料金が0円だったり、ペットの保険がついていたり、いろいろな特徴のプランがあることがわかりましたね。

電気・ガスの比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などを入力するだけで、あなたに最適な電力会社を見つけることができます。ぜひ一度試してみてくださいね。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。