1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 一般家庭の電気代平均額、目安ってどれくらい?
 

一般家庭の電気代平均額、目安ってどれくらい?

一般家庭の電気代の平均っていくらくらいなの?
でんきの基本

うちの電気代、他所と比べて高いの?みんなこんなものかしら?家庭の電気代の平均額ってよくわかりませんよね。そこで、一般家庭の電気代の平均額を世帯人数別に調べてみました。目安のご参考になさってください。

みなさんのご家庭は月の電気代はいくらくらいでしょうか?毎月の電気代を見ながら、うちの電気代って他所よりも高いの?みんなこんなものかしら?と、気になることはありませんか?そもそも、家庭の電気代の平均額ってよくわかりませんよね。

そこで、一般家庭の電気代の平均額を、世帯人数別に調べてみました。参考にしてみてくださいね。

更新日
2016年4月21日
記事を読み進める前に…
100万世帯以上が切り替えています
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

統計で見る「2人以上で暮らしている一般家庭」の電気代平均額

2人~5人世帯の電気代平均額(総務省統計)

2006200720082009201020112012201320142015
2人世帯¥96,048¥93,912 ¥100,764¥100,140¥102,420¥99,576¥105,732¥111,300¥117,960¥117,156
3人世帯¥111,708¥112,716¥117,624¥115,308¥118,752¥112,488¥122,520¥130,188¥136,872¥135,552
4人世帯¥121,344¥117,984¥126,888¥123,372¥126,396¥122,160¥133,560¥141,828¥145,824¥142,116
5人世帯¥143,160¥134,652¥144,396¥145,812¥147,492¥140,124¥153,456¥150,096¥162,144¥164,376

総務省統計局の家計調査によると、2006年~2015年までの2人世帯~5人世帯の電気代の平均額は上記の表のようになっています。(この統計はマンションも戸建ても合わせての平均です)

上記の表から、ここ最近の過去3年間の世帯人数ごとの電気代平均額を割り出すと、以下のようになります。

過去3年間(2013年~2015年)の電気料金平均額

2人世帯
年間115,472円/ひと月あたり9,623円
3人世帯
年間134,204円/ひと月あたり11,184円
4人世帯
年間143,256円/ひと月あたり11,938円
5人世帯
年間158,872円/ひと月あたり13,239円

過去3年間に見る、一般家庭の電気代の平均額は、2人世帯でひと月9,623円、3人世帯でひと月11,184円、4人世帯でひと月11,938円、5人世帯でひと月13,239円ということがわかりました。

みなさんのご家庭の電気代と比べてどうですか?もしご家庭の電気代が高い場合は、お使いの電気料金プランが見合っていない可能性があります。一番安く使える電気料金プランを選ぶと、年間の電気代を15,000円以上節約可能なんですよ!ご家庭に最適な電気料金プランは、エネチェンジプラン診断で今すぐ簡単に比較診断することができます。

世帯人数と電気代の関係性

average-1
次に、世帯人数と電気代の関係を見ていきたいと思います。上の統計表から、世帯人数が1人ずつ増えていくときの電気料金の増え方を以下にあげてみました。

世帯人数と電気料金

世帯人数が2人から3人へ増えると
電気料金は年間約18,000円上がる
世帯人数が3人から4人へ増えると
電気料金は年間約9,000円上がる
世帯人数が4人から5人へ増えると
電気料金は年間約15,000円上がる

世帯人数の増え方と電気料金の上がり方の関係性は、世帯人数が2人から3人に増えるときに18,000円と一番大きい増え方をしていますね。それはなぜでしょうか?

世帯人数が2人から3人に増えるときに電気料金が大きく増えるのはなぜ?

  • 人数が増えたことで、これまでよりも大きな家、部屋数の多いアパートやマンションなどに引っ越しをして契約アンペア数が上がった
  • 子どもが生まれるなどして電化製品が増える、家電をこれまでより大きなものに買い替えるなどの変化があった
  • 共働きだった家庭が、子どもが生まれて両親の一方と子どもが日中家に在宅するようになり、電気使用量が増えた
  • 人数が増えたことで電気使用量が増え、従量料金の段階が上がった

一般的に世帯人数が2人から3人に増える場合は、結婚した2人世帯に子どもが生まれたという場合が多いでしょう。それに伴いこれまでより広い家へ引っ越す、両親の片方が仕事を辞める・休職するなどして在宅時間が増える、家電を買い替える、など生活スタイルに大きな変化が起こるため、世帯人数が2人から3人に増えた場合に電気料金も大きく上がるという結果が出たのであろうと推測できます。

このように生活スタイルに大きな変化が起きた場合は、電気料金の契約プランのみなおしをすることで人数が増えた分の電気料金の上がり方を少なくすることができます。

スマートフォンから簡単に診断!一番安くお得に使える電気料金プランを選んで15,000円以上電気代節約!

plan-saving-12

ご家庭で一番安くお得に使える電気料金プランを選ぶだけで、なんと年間15,000円以上も電気代を節約することが可能なんですよ!

数ある電力会社の中からご家庭に最適な電気料金プランを選ぶことは慣れないうちは難しいですが、エネチェンジではパソコン・スマートフォンからその場で簡単にご家庭にいちばん最適なプラン診断ができます!見合わないプランを使って電気代を損してしまっていてはもったいないですよね、エネチェンジプラン診断で一番安く使えるプランを今すぐ比較診断してみましょう!

エネチェンジ診断で電気料金を比較・節約!

お住まいの郵便番号を入力して、電気料金を今すぐ比較!

-
郵便番号がわからない