エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 東京での一人暮らし、生活費はどのくらいかかるの?
 

東京での一人暮らし、生活費はどのくらいかかるの?

家計の見直し

東京で一人暮らしをする場合、生活費はどのくらいかかるのでしょうか?家賃、光熱費、食費など項目ごとの平均生活費や節約方法をご説明します。

東京は世界の有数都市であるニューヨーク、パリなどの大都市と肩を並べるほどの生活費が高い街です。東京で一人暮らしを始めるには毎月どれくらいの生活費がかかるのでしょうか?

家賃の相場はどれくらい?

東京23区で家賃賃貸の平均相場はどのくらいでしょうか?一番安い区は葛飾区、そして一番高い区は港区となっています。葛飾区の平均相場は月6万1000円、港区はその約倍である11万8700円です。葛飾区は「男は辛いよ」の映画ですっかりお馴染みとなった柴又帝釈天、それに伴う昔ながらの商店街がある情緒あふれる下町ですが、実際住むとなると公共交通手段は京成金町線の一本しかありません。それに比べ港区は交通利便性においてはJR、京急線、メトロ地下鉄、都営線とくまなく路線が入っており全く問題はありません。家賃は交通の利便性のよさ、周りの商業施設、建物の築年数、部屋の広さ等によって決まってきます。

参照:23 WARDS IN TOKYO 東京23区の平均家賃相場は?

部屋探しのコツ

都会での一人暮らしは何かと心配ですよね。また一度決めた部屋から別の物件に引っ越すとなると金銭面への負担もかなり大きいものとなってしまいます。慎重に部屋探しをしたいものです。「駅に近く、交通の利便も高く、そして築浅のマンションはどうしても相場が高めに設定されています。ワンルームで築年数が20年以上となってくるとかなり値段が下がってきます。」まず自分が住みたい地域を選ぶことから始め、そしていくつかのこだわり項目を決めていきましょう。

出典:不動産屋さんが教える、失敗しない部屋探しの6つのコツ:日経ウーマンオンライン【女子のための安全、安心、賢いお部屋探しワザ特集】

例えば、

  1. 通勤時間が45分以内、電車乗換えが1回、2階以上の建物が絶対条件
  2. インターネットで大体の相場を自分なりに調べる。
  3. 地域の不動産屋に足を運ぶ。ここで自分の理想の部屋を伝え条件の見合った物件があるかどうか探してもらう。
  4. 物件の下見に行く。下見は5件ぐらいがちょうどよい。

最初の部屋探しですから10件でも下見をしたい気持ちはわかりますが、人気のある部屋は下見をしている間に契約が取られてしまう、なんてこともあります。自分なりに気に入った部屋があればそこで申し込みを検討するのもひとつの方法です。

光熱費はどれくらいかかる?

東京都を含む大都市圏の単身世帯の光熱費の平均額は今年の総務省統計によりますと7437円となっています。全国平均の9500円を2000円以上も下回る数値です。

参照:統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103

駐車場はどれくらい?

都内で車を所有している場合は部屋の賃貸とは別途に駐車場料金を支払う場合がほとんどです。都心にお住まいの場合、別途にどのくらい駐車場代を見込んでおくといいのでしょうか。都心部ですと平均で月6〜7万円ほど、都心から多少離れると月3万円ぐらいというのが相場のようです。

参照:東京都内の駐車場相場はこうなっている! | マイナビニュース
東京でのマイカー所有って結構お金がかかりますね。

食費

社会人の一人暮らしの食費平均は月大体2万2000円ほどのようです。あまりケチりたくない食費ですが、一人暮らしですとついつい外食になったり、コンビニですませたり、なんてことになりがちかもしれません。食事は体調管理にはかかせないもの。ここでは食費節約のコツをいくつか紹介しましょう。

買い物前の在庫チェック
一人暮らしの冷蔵庫はそんなに大きいサイズではないと思います。スーパーに買い物に行く前に冷蔵庫の中身をチェックして見ましょう。つい癖で同じようなものを買ってしまう場合もあるかもしれません。食材の無駄は即無駄使いにつながります。
旬の食材を購入しよう
季節の食材はおいしくて、安く栄養価も高いものです。例えば冬ですとかぼちゃ、カリフラワー、キャベツなど。煮物や天ぷら、炒め物など同じ食材で何度も食卓に登場してくれそうですね。いっそ地元の商店街でお買い物してお馴染みさんになりましょう。食材の選び方を教えてくれたり、おまけをしてくれるかもしれません。
まとめ買い
最近では大型倉庫店型のスーパーなどで大量に安価で買い物が出来ます。乾物や調味料など一度買い物しておけば1年間持ちそうな量が買えるかもしれません。こういうタイプのお店は年会費を払って会員になることが必要ですが、ネットオークションなどで1日無料体験パスなどを手に入れることも可能ですので調べてみる価値ありです。また配送サービスなども合わせて行っているようです。
ランチは手作りで
外食より自炊のほうが安価でかつ栄養のバランスも気をつけることが出来ます。最初は慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、シンプルでおいしいお弁当つくりは誰でもできますよ!ここに節約弁当レシピのおいしい情報がありますので、是非ご参考にどうぞ!

参照:節約弁当でかなえる、外食よりもオトクで美味しいランチ

生活必需品

食費や家賃以外に意外に見落とされているのが生活必需品ではないでしょうか。台所・洗濯洗剤から女性ですと化粧品まで平均1万3000円ほど消費しています。なかなか削れそうで削れないこの項目。少しでも節約したいものです。
最近では各スーパーや大型薬局店などで独自の現金カードあるいはクレジットカードを発行しています。また買い物をすることによってポイントを提供してくれます。このポイントを見逃さない点はありません。ここにいくつか具体例を挙げてみました。是非ご参考にしてみてください。

マツモトキヨシ

お馴染みの大型薬局チェーン店。現金カード会員となると100円ごとの買い物に1ポイントつけてくれます。そのまま即お買い物に使えます。また毎月1日、2日はポイント10倍デー。その日に集中して買い物するのが断然お得。例えば生活必需品,月約1万円を1年間このお店で使うと12万円のお買い物に。ポイント10倍デーに集中して買い物すると年間で1万2000ポイント集められます。このカードサービスは無料です。

参照:ポイントガイド | ドラッグストア マツモトキヨシ

ダイエー

クレジット機能はありませんが、ハートポイントカードを手数料100円で発行してもらえます。全国のお店で利用でき200円ごとに1ポイントをためられ、溜まったポイントは即レジで使用可!

参照:ハートポイントカード | ダイエー[ごはんがおいしくなるスーパー]

東急ストア

スマホ用のアプリをダウンロードするとセール情報やクーポンを送ってくれます。同じ商品を買うなら少しでも安いほうがいいですよね。

参照:東急ストア | 東急ストア アプリ

通信費用

いまや欠かせない通信費用。携帯電話、スマートフォン、PCインターネット接続と各々のニーズによって月の費用も様々です。

東京での一人暮らしの生活費まとめ

東京での一人暮らしの生活費をまとめてみまました。東京での生活は物価高を承知の上でもやはり高い!と思ってしまいますよね。それでもきっとお気に入りの物件、そしてライフスタイルが見つかると思います。少しでもご参考になれば幸いです。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。