エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧

オクトパスエナジーの電気料金は高い?評判・デメリットなどを解説

オクトパスエナジーについて徹底解説

この記事の目次

本記事ではオクトパスエナジーの電気料金プランの特徴やメリット、供給エリアや違約金の有無などについて、詳しくご紹介します。

電力会社を変えると年間平均
32,588
節約できます!
電力会社を切り替えるだけで、電気代は安くできます。ぴったりの電力会社を今すぐ無料診断!
旧一般電気事業者の自由料金プランから切り替えた場合の節約額をシミュレーションします。別のプランをご利用の場合は「お使いの新電力と比較する」より、電力会社をお選びください。 (比較対象の電気料金プランについて)
郵便番号
-
世帯人数
お使いの新電力と比較する
エネチェンジ利用規約 」をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、上のボタンを押してください。
お得なキャンペーンで電気を切り替える

更新日
2024年5月16日

オクトパスエナジーとは

オクトパスエナジーを運営するTGオクトパスエナジー株式会社は、イギリスのエネルギー企業オクトパスエナジーと東京ガスによる合弁会社です。オクトパスエナジー、東京ガスともに2016年より小売電気事業に参入しており、TGオクトパスエナジーとしては2021年から電力供給を開始しました。
オクトパスエナジーの基本情報
供給エリア北海道電力エリア・東北電力エリア・東京電力エリア・中部電力エリア・北陸電力エリア・関西電力エリア・中国電力エリア・四国電力エリア・九州電力エリア
電気ガスセット割なし
オール電化住宅向けプランなし
調整費用の種類燃料費調整額(上限なし)
契約手数料なし
解約金なし
クレジットカード利用可能
ポイント還元なし
運営する電力会社TGオクトパスエナジー株式会社

オクトパスエナジーはこんな人におすすめ

  1. 実績のある会社が提供するサービスを探している人
  2. 環境に配慮した電気を利用したい人
  3. 定期的に割引を行う電力会社を探している人

高い?安い?オクトパスエナジーと東京電力EPを比較

ここでは、オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」と東京電力エナジーパートナー「スタンダードS」の1カ月の電気料金を比較。東京電力エリアにお住まいで、契約アンペア数は30Aでシミュレーションしてみました。

オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」と東京電力EP「スタンダードS」の料金比較表

1カ月の使用電力量オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」東京電力エリア料金(消費税率10%)東京電力EP「スタンダードS」料金(消費税率10%)差額
100kWh3466円3350円116円
200kWh6420円6293円127円
300kWh9468円9368円100円
400kWh12731円12852円-121円
500kWh15994円16336円-342円

オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」・東京電力EP「スタンダードS」ともに「基本料金+電力量料金±燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金」で計算。オクトパスエナジーと東京電力EPの燃料費調整額は、電気・ガス価格激変緩和対策事業の補助金(1kWhあたり-3円50銭)を含む2024年5月分のものを使用。オクトパスエナジーの基本料金は、1カ月につき「使用期間1日あたりの金額」×「当月1カ月の使用期間の日数」で計算(「当月1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数)。エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を295円00銭/月/10Aとしています。

使用電力量が31~345kWhの場合を除くと、東京電力EP「スタンダードS」と比較してオクトパスエナジー「グリーンオクトパス」の方が安いです。

ただし、現在の契約内容や電気の使用状況によっては、節約につながらないことも。エネチェンジでは、郵便番号などの情報を入力するだけで、節約につながる電力会社を見つけられます。そのまま申し込みもできるので、ぜひ活用ください。

 

オクトパスエナジーの電気料金プランについて

ここでは、オクトパスエナジーの電気料金プランや、算定方法について紹介します。

オクトパスエナジーの電気料金プランの種類

オクトパスエナジーの電気料金プランには、次の種類があります。

スタンダードオクトパス
一般家庭向けのプラン。
グリーンオクトパス
一般家庭向けで、環境に配慮した電気が利用できるプラン。
ソーラーオクトパス
太陽光パネルが設置された家庭向けで、時間帯ごとに異なる電力量料金単価が設定されたプラン。供給エリアは北海道・東北・関東・中部・北陸・九州電力エリア。
EVオクトパス
電気自動車を自宅で充電している家庭向けで、夜間の電力量料金が昼間と比べて割安に設定されたプラン。供給エリアは東京電力エリアのみ。

「EVオクトパス」はベータ(テスト)版となります。

「グリーンオクトパス」と「スタンダードオクトパス」の違いは?

「スタンダードオクトパス」では環境価値が付加されていないのに対して、「グリーンオクトパス」では再生可能エネルギー指定の非化石証書の活用により、実質的に再生可能エネルギー100%かつCO2排出量ゼロの電気が利用できます。

また、電気料金の面でも、「スタンダードオクトパス」よりも「グリーンオクトパス」のほうが電力量料金単価が割安に設定されています。

オクトパスエナジーの電気料金算定方法

オクトパスエナジーの電気料金は、次の方法で算定されます。

オクトパスエナジーの電気料金算定方法

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)

なお、オクトパスエナジーの燃料費調整額は上限が設定されていません。また、日本卸電力取引所(JEPX)の市場価格とは連動していません。

よい・悪い口コミは?オクトパスエナジーの評判

ここでは、実際にオクトパスエナジーに切り替えた方からの、さまざまな評判・口コミを紹介します。

オクトパスエナジーのよい評判

オクトパスエナジーの評判には、電気代の節約に繋がることや、環境に配慮した電気が使えることを評価する口コミがありました。

はじめはオクトパスエナジーを「怪しい?」と感じる方もいるようですが、利用者のSNSからは、満足度の高さがうかがえます。

オクトパスエナジーのは怪しい?悪い評判

契約者向けのマイページなどが使いにくいという声のほか、燃料費調整額に上限がないことを指摘する口コミがありました。

【オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」契約者】NYさんの口コミ

オクトパスエナジー「グリーンオクトパス(40A)」を契約しているNYさんに、切り替えを決めた理由や過去1年間の電気代などについて伺いました。

  1. NYさん

    他の電力会社に比べて安いと聞いたことがあったためオクトパスエナジー「グリーンオクトパス(40A)」に切り替えました。

    マイページが使いやすい点や値引きのキャンペーンがある点が気に入っています。少額でも割引きがあるのでおおむね満足です。また、問い合わせの対応がとても速かったです。

NYさんの基本情報
  • 居住地:埼玉県
  • 居住形態:五人暮らし(大人:3 子ども:2)+ペット1匹
  • 住居の種類・間取り:一軒家(4LDK)
  • 契約中のプラン:オクトパスエナジー「グリーンオクトパス(40A)」
  • 日中の在宅状況:家族の半分以上が家にいる
  • 夜間の在宅状況:全員が寝ているか不在
  • よく使う家電:エアコン・テレビ・調理家電・洗濯乾燥機
オクトパスエナジーの満足度(NYさん)
項目満足度
総合満足度★★★★☆
電気料金の安さ★★★☆☆
特典・付帯サービス★★★☆☆
マイページの使いやすさ★★★★★
サポートサービス★★★★☆
NYさんの毎月の使用電力量と電気代の推移
年月使用電力量(kWh)電気代(円)
2024年4月355kWh10886円
2024年3月587kWh19491円
2024年2月633kWh21069円
2024年1月733kWh24558円
2023年12月331kWh10442円
2023年11月391kWh12553円
2023年10月331kWh10442円
2023年9月502kWh16459円
2023年8月659kWh21984円
2023年7月635kWh21140円
2023年6月433kWh14031円
2023年5月329kWh10372円
2023年4月358kWh11392円

オクトパスエナジーのメリット・デメリット

ここでは、オクトパスエナジーのメリット・デメリットについてご紹介します。

  1. 環境に配慮した電気が利用できる
  2. 実績のある会社が提供するサービス
  3. 解約金がない
  1. 電気料金プランの選択肢が少ない
  2. セットプランがない

オクトパスエナジーのメリット

オクトパスエナジーのメリットには、次のようなものがあります。

メリット1)環境に配慮した電気が利用できる

オクトパスエナジーの電気料金プラン「グリーンオクトパス」では、再生可能エネルギー指定の非化石証書の活用により、実質的に再生可能エネルギー100%かつ、CO2排出量ゼロの電気が利用できます

メリット2)実績のある会社が提供するサービス

オクトパスエナジーは、イギリスをはじめアメリカやドイツなどでも電気事業を手掛けており、世界各国で300万件をこえる世帯に電力を供給してきた実績があります。一方の東京ガスも長い歴史を持つエネルギー企業であり、小売電気事業には2016年の電力自由化から参入しています。

実績の豊富な企業による合弁会社のため、企業の実績面を重視する方にとっては大きなメリットとなります。また、東京ガスの出資もあることから、海外企業でありながら日本の大企業のノウハウを持った企業とも言えるでしょう。

メリット3) 解約金がない

オクトパスエナジーでは解約違約金や解約手数料などが発生しないので、自身のライフスタイルに合わないプランだった場合でも、すぐに解約することができます。切り替えの申し込みもインターネットから手続きできるので、申し込みの際のハードルが低い新電力と言えるでしょう。

オクトパスエナジーのデメリット

オクトパスエナジーのデメリットには、次のようなものがあります。

デメリット1)電気料金プランの選択肢が少ない

オクトパスエナジーでは、「グリーンオクトパス」「スタンダードオクトパス」「ソーラーオクトパス」「EVオクトパス」などのプランを提供していますが、なかには供給エリアを限定しているプランも。

特に関西・中国・四国電力エリアでは「グリーンオクトパス」「スタンダードオクトパス」の2種類に限られるため、エリアによっては選択肢が少ない点をデメリットに感じる人もいるかもしれません。

デメリット2)セットプランがない

オクトパスエナジーにはガス料金プランがないため、ガスとのセットプランはありません。現在、電気とガスをセットで契約している方がオクトパスエナジーに切り替えると、セットプランの特典やガスとのセット割引などがなくなってしまうのは、デメリットと言えるでしょう。

【エリア別】高い?オクトパスエナジーの料金表

ここでは、オクトパスエナジーの各エリアの料金表をまとめました。現在契約中の電力会社・電気料金プランと比較してみてくださいね。

【北海道電力エリア】オクトパスエナジーの電気料金プラン

オクトパスエナジーの北海道電力エリア向け電気料金プランには、「グリーンオクトパス」「スタンダードオクトパス」「ソーラーオクトパス」があります。

「グリーンオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」北海道電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約374円00銭
15A561円00銭
20A748円00銭
30A1122円00銭
40A1496円00銭
50A1870円00銭
60A2244円00銭
電力量料金~120kWh1kWh23円57銭
121kWh~280kWh28円81銭
281kWh~31円21銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を374円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「グリーンオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「スタンダードオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「スタンダードオクトパス」北海道電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約374円00銭
15A561円00銭
20A748円00銭
30A1122円00銭
40A1496円00銭
50A1870円00銭
60A2244円00銭
電力量料金~120kWh1kWh23円60銭
121kWh~280kWh29円70銭
281kWh~33円30銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を374円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「スタンダードオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「ソーラーオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「ソーラーオクトパス」北海道電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約374円00銭
15A561円00銭
20A748円00銭
30A1122円00銭
40A1496円00銭
50A1870円00銭
60A2244円00銭
電力量料金ソーラータイム
(8時~16時)
1kWh37円00銭
ホームタイム
(6時~8時・16時~22時)
30円00銭
ナイトタイム
(22時~翌6時)
21円00銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を374円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「ソーラーオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は時間帯ごとに一律に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

【東北電力エリア】オクトパスエナジーの料金表

オクトパスエナジーの東北電力エリア向け電気料金プランには、「グリーンオクトパス」「スタンダードオクトパス」「ソーラーオクトパス」などがあります。

「グリーンオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」東北電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約369円00銭
15A553円50銭
20A738円00銭
30A1107円00銭
40A1476円00銭
50A1845円00銭
60A2214円00銭
電力量料金~120kWh1kWh18円59銭
121kWh~300kWh24円64銭
301kWh~27円44銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を369円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「グリーンオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「スタンダードオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「スタンダードオクトパス」東北電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約369円00銭
15A553円50銭
20A738円00銭
30A1107円00銭
40A1476円00銭
50A1845円00銭
60A2214円00銭
電力量料金~120kWh1kWh18円68銭
121kWh~300kWh25円33銭
301kWh~29円33銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を369円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「スタンダードオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「ソーラーオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「ソーラーオクトパス」東北電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約369円00銭
15A553円50銭
20A738円00銭
30A1107円00銭
40A1476円00銭
50A1845円00銭
60A2214円00銭
電力量料金ソーラータイム
(8時~16時)
1kWh35円00銭
ホームタイム
(6時~8時・16時~22時)
24円50銭
ナイトタイム
(22時~翌6時)
17円50銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を369円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「ソーラーオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は時間帯ごとに一律に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

【東京電力エリア】オクトパスエナジーの料金表

オクトパスエナジーの東京電力エリア向け電気料金プランには、「グリーンオクトパス」「スタンダードオクトパス」「ソーラーオクトパス」「EVオクトパス」などがあります。

「グリーンオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」東京電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約295円00銭
15A442円50銭
20A590円00銭
30A885円00銭
40A1180円00銭
50A1475円00銭
60A1770円00銭
電力量料金~120kWh1kWh20円62銭
121kWh~300kWh25円29銭
301kWh~27円44銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を295円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「グリーンオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「スタンダードオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「スタンダードオクトパス」東京電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約295円00銭
15A442円50銭
20A590円00銭
30A885円00銭
40A1180円00銭
50A1475円00銭
60A1770円00銭
電力量料金~120kWh1kWh21円82銭
121kWh~300kWh27円19銭
301kWh~29円39銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を295円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「スタンダードオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「ソーラーオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「ソーラーオクトパス」東京電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約295円00銭
15A442円50銭
20A590円00銭
30A885円00銭
40A1180円00銭
50A1475円00銭
60A1770円00銭
電力量料金ソーラータイム
(8時~16時)
1kWh35円70銭
ホームタイム
(6時~8時・16時~22時)
26円50銭
ナイトタイム
(22時~翌6時)
21円00銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を295円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「ソーラーオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は時間帯ごとに一律に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「EVオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「EVオクトパス」料金(消費税率10%)
基本料金10A/1kVA9円40銭/日
電力量料金EVタイム
(午前2時~4時)
1kWh12円60銭
スタンダードタイム
(EVタイム以外)
25円80銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)

オクトパスエナジーの「EVオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は時間帯ごとに一律に設定されています。

現在はベータ(テスト)版の電気料金プランで、供給エリアは東京電力エリアのみ、さらにEVまたはPHEVを所持しており家庭用充電設備が設置済みであることが前提となりますが、実質的に再生可能エネルギー100%の電気を利用できるのがメリットです。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。環境省の「再エネ100%電力メニュー一覧」への登録申請中のため、各種EV補助金の受け取りに必要な条件を満たさない場合があります。

【中部電力エリア】オクトパスエナジーの料金表

オクトパスエナジーの中部電力エリア向け電気料金プランには、「グリーンオクトパス」「スタンダードオクトパス」「ソーラーオクトパス」などがあります。

「グリーンオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」中部電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約297円00銭
15A445円50銭
20A594円00銭
30A891円00銭
40A1188円00銭
50A1485円00銭
60A1782円00銭
電力量料金~120kWh1kWh21円05銭
121kWh~300kWh24円90銭
301kWh~26円70銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を297円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「グリーンオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「スタンダードオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「スタンダードオクトパス」中部電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約297円00銭
15A445円50銭
20A594円00銭
30A891円00銭
40A1188円00銭
50A1485円00銭
60A1782円00銭
電力量料金~120kWh1kWh21円11銭
121kWh~300kWh25円03銭
301kWh~27円50銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を297円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「スタンダードオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「ソーラーオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「ソーラーオクトパス」中部電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約297円00銭
15A445円50銭
20A594円00銭
30A891円00銭
40A1188円00銭
50A1485円00銭
60A1782円00銭
電力量料金ソーラータイム
(8時~16時)
1kWh35円00銭
ホームタイム
(6時~8時・16時~22時)
24円50銭
ナイトタイム
(22時~翌6時)
20円00銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を297円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「ソーラーオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は時間帯ごとに一律に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

【北陸電力エリア】オクトパスエナジーの料金表

オクトパスエナジーの北陸電力エリア向け電気料金プランには、「グリーンオクトパス」「スタンダードオクトパス」「ソーラーオクトパス」などがあります。

「グリーンオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」北陸電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約302円00銭
15A453円00銭
20A604円00銭
30A906円00銭
40A1208円00銭
50A1510円00銭
60A1812円00銭
電力量料金~120kWh1kWh17円96銭
121kWh~300kWh21円19銭
301kWh~21円94銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を302円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「グリーンオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「スタンダードオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「スタンダードオクトパス」北陸電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約302円00銭
15A453円00銭
20A604円00銭
30A906円00銭
40A1208円00銭
50A1510円00銭
60A1812円00銭
電力量料金~120kWh1kWh18円18銭
121kWh~300kWh21円38銭
301kWh~22円78銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を302円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「スタンダードオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「ソーラーオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「ソーラーオクトパス」北陸電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約302円00銭
15A453円00銭
20A604円00銭
30A906円00銭
40A1208円00銭
50A1510円00銭
60A1812円00銭
電力量料金ソーラータイム
(8時~16時)
1kWh31円50銭
ホームタイム
(6時~8時・16時~22時)
21円50銭
ナイトタイム
(22時~翌6時)
15円50銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を302円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「ソーラーオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は時間帯ごとに一律に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

【関西電力エリア】オクトパスエナジーの料金表

オクトパスエナジーの関西電力エリア向け電気料金プランには、「グリーンオクトパス」「スタンダードオクトパス」などがあります。

「グリーンオクトパス」

区分区分単位オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」関西電力エリア料金(消費税率10%)
最低料金~15kWh1契約377円00銭
電力量料金16kWh~120kWh1kWh20円21銭
121kWh~300kWh23円81銭
301kWh~26円61銭

最低料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、最低料金を377円00銭/月としています。

オクトパスエナジーの「グリーンオクトパス」は、最低料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「スタンダードオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「スタンダードオクトパス」関西電力エリア料金(消費税率10%)
最低料金~15kWh1契約377円00銭
電力量料金16kWh~120kWh1kWh20円31銭
121kWh~300kWh24円60銭
301kWh~27円20銭

最低料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、最低料金を377円00銭/月としています。

オクトパスエナジーの「スタンダードオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

【中国電力エリア】オクトパスエナジーの料金表

オクトパスエナジーの中国電力エリア向け電気料金プランには、「グリーンオクトパス」「スタンダードオクトパス」などがあります。

「グリーンオクトパス」

区分区分単位オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」中国電力エリア料金(消費税率10%)
最低料金~15kWh1契約531円00銭
電力量料金16kWh~120kWh1kWh21円21銭
121kWh~300kWh27円09銭
301kWh~28円08銭

最低料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、最低料金を531円00銭/月としています。

オクトパスエナジーの「グリーンオクトパス」は、最低料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「スタンダードオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「スタンダードオクトパス」中国電力エリア料金(消費税率10%)
最低料金~15kWh1契約531円00銭
電力量料金16kWh~120kWh1kWh21円27銭
121kWh~300kWh27円27銭
301kWh~28円72銭

最低料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、最低料金を531円00銭/月としています。

オクトパスエナジーの「スタンダードオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

【四国電力エリア】オクトパスエナジーの料金表

オクトパスエナジーの四国電力エリア向け電気料金プランには、「グリーンオクトパス」「スタンダードオクトパス」などがあります。

「グリーンオクトパス」

区分区分単位オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」四国電力エリア料金(消費税率10%)
最低料金~11kWh1契約560円00銭
電力量料金12kWh~120kWh1kWh20円73銭
121kWh~300kWh26円22銭
301kWh~28円22銭

最低料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、最低料金を560円00銭/月としています。

オクトパスエナジーの「グリーンオクトパス」は、最低料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「スタンダードオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「スタンダードオクトパス」四国電力エリア料金(消費税率10%)
最低料金~11kWh1契約560円00銭
電力量料金12kWh~120kWh1kWh20円73銭
121kWh~300kWh26円61銭
301kWh~29円36銭

最低料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、最低料金を560円00銭/月としています。

オクトパスエナジーの「スタンダードオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

【九州電力エリア】オクトパスエナジーの料金表

オクトパスエナジーの九州電力エリア向け電気料金プランには、「グリーンオクトパス」「スタンダードオクトパス」「ソーラーオクトパス」などがあります。

「グリーンオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」九州電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約316円00銭
15A474円00銭
20A632円00銭
30A948円00銭
40A1264円00銭
50A1580円00銭
60A1896円00銭
電力量料金~120kWh1kWh17円98銭
121kWh~300kWh22円98銭
301kWh~24円68銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を316円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「グリーンオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「スタンダードオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「スタンダードオクトパス」九州電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約316円00銭
15A474円00銭
20A632円00銭
30A948円00銭
40A1264円00銭
50A1580円00銭
60A1896円00銭
電力量料金~120kWh1kWh18円07銭
121kWh~300kWh22円98銭
301kWh~25円32銭

最低料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を316円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「スタンダードオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は3段階に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

「ソーラーオクトパス」

区分単位オクトパスエナジー「ソーラーオクトパス」九州電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約316円00銭
15A474円00銭
20A632円00銭
30A948円00銭
40A1264円00銭
50A1580円00銭
60A1896円00銭
電力量料金ソーラータイム
(8時~16時)
1kWh31円00銭
ホームタイム
(6時~8時・16時~22時)
22円50銭
ナイトタイム
(22時~翌6時)
16円50銭

基本料金は、1カ月につき「使用期間 1 日あたりの金額」×「当月 1カ月の使用期間の日数」で計算されます。(「当月 1カ月の使用期間の日数」は実際に電気を使用された日数ではなく、オクトパスエナジーの「電気需給約款 14(電気の使用期間)」で定める使用期間の日数です。)エネチェンジでは、1カ月を約30日として計算し、基本料金を316円00銭/月/10Aとしています。

オクトパスエナジーの「ソーラーオクトパス」は、基本料金が「使用期間1日あたりの金額×当月1カ月※の使用期間の日数」で計算される点が特徴です。また、電力量料金は時間帯ごとに一律に設定されています。
※前月の電気の計量日から当月の電気の計量日の前日まで。

オクトパスエナジーの契約方法

オクトパスエナジーは次の流れで契約をします。現在契約中の電力会社に解約の連絡は不要。また、事務手数料など初期費用もかからず、工事なども発生しません。

Step1.契約に必要な情報を用意する
供給地点特定番号や支払いに使用するクレジットカード・口座番号などの情報を用意します。
Step2.Webで手続きをする
オクトパスエナジーは、Webで申し込みをします。検針表または現在契約中の電力会社のマイページを見ながら手続きをするとスムーズですよ。重要事項説明書や約款の内容も念入りに確認しましょう。
Step3.使用開始日の確認をする
Webでの手続きが終われば、あとは待つだけ。申し込み完了後に切り替え日のお知らせが届くので、必ず確認をしてください。

【FAQ】オクトパスエナジーのよくある質問

この章では、オクトパスエナジーにまつわる不安や疑問をよくある質問としてFAQ方式で解説します。

Q1)オクトパスエナジーに切り替えると停電が増えるって本当?

オクトパスエナジーに切り替えたからといって、停電が増えたり、電気の質が変わったりはしません

オクトパスエナジーに切り替えた後も、電線や電柱などの送電網の保守管理はこれまで通り、一般送配電事業者が行うからです。

Q2)ポイントはたまりますか?

楽天ポイント・Vポイント(旧:Tポイント)・Pontaポイント・dポイントといったポイントはたまりません。

Q3)賃貸住宅でも新電力に切り替えられる?

賃貸住宅にお住まいの場合でも、新電力に切り替えられます。ただし建物全体が高圧一括受電契約をしている場合は切り替えられないので注意。高圧一括受電契約かわからない方は、管理会社に確認してみましょう。

Q4)オクトパスエナジーに切り替えるのに電気工事は必要?

オクトパスエナジーに切り替える際、工事の必要はありません。ただし、現在設置されている電力メーターがスマートメーターでない場合、新たにスマートメーターの設置が必要です。一般的に設置費用は無料で、工事の立会いも原則不要です。

お住まいの住居の電力メーターがアナログタイプの場合はスマートメーターへ交換する必要がありますが、原則無料です(スマートメーターの設置に適していない住宅環境の場合、それに伴う工事が発生して追加費用を自己負担するケースもあります)。

Q5)オクトパスエナジーは急に値上げしたりしない?

一般的に料金改定をする場合は、数カ月前に通知が行われるケースが多いです。「来週から値上げ」など急な値上げを行うのではなく、契約者が切り替え検討を行う程度の期間は設けられると考えてよいでしょう。

オクトパスエナジーは、環境に配慮された電気・割引の充実さがメリット

オクトパスエナジーは、環境に配慮した電気が利用できたり、割引制度が充実しているのがメリットの新電力です。

電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などの情報を入力するだけであなたにぴったりの電力会社・電気料金プランを見つけられます。お得なキャンペーンを実施している電力会社も多いので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

切り替えるといくら節約できる?
電気料金を 比較・節約!
引越しでの比較はこちら お使いの新電力と比較する
旧一般電気事業者の自由料金プランから切り替えた場合の節約額をシミュレーションします。別のプランをご利用の場合は「お使いの新電力と比較する」より、電力会社をお選びください。 (比較対象の電気料金プランについて)
郵便番号
-
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、上のボタンを押してください。

この記事を書いた人

エネチェンジ編集部

エネチェンジ編集部

エネチェンジ内のメディア「でんきと暮らしの知恵袋」の記事を執筆しています。電気・ガスに関する記事のほか、節約術など生活に役立つ情報も配信しています。

X (旧twitter) Facebook