エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 電気料金値上げ率ランキング!震災後いちばん値上がりしてる電力会社は?(2015年6月更新)
 

電気料金値上げ率ランキング!震災後いちばん値上がりしてる電力会社は?(2015年6月更新)

電気料金値上げ率ランキング
電力自由化ニュース

電気料金の値上げが続いていますが、どの電力会社が一番値上げをしているのでしょうか?電力会社ごとに、一般家庭向け・オール電化向けそれぞれの電気料金が2011年以降、どれだけの割合で値上げされたのかをランキングしています。

震災後、電気料金の値上げが続いていますが、どの電力会社が一番値上げをしているのでしょうか?

電力会社ごとに、一般家庭向け・オール電化向けそれぞれの電気料金値上げ率をランキングしています。家計に大きく響く電気代、皆さんのお住まいの地域は震災後どのくらい電気料金が上がっているでしょうか?

2015年6月10日、最新の情報に更新しました。

震災後いちばん値上がりしてる電力会社はどこでしょう?

震災後、各電力会社は電気料金の値上げを行ってきました。そこで、震災後から現在までの各電力会社の一般家庭向け電気料金、オール電化向け電気料金それぞれの値上げ率をランキングしました。震災後いちばん電気料金が値上がりしているのはどの電力会社でしょうか?2011年3月以降から2015年6月の関西電力再値上げ後までの各社値上げ率でランキングしています。

一般家庭向け電気料金値上げ率ランキング

まずは一般家庭向け電気料金の値上げ率をランキングしました。各電力会社電気料金値上げ時に発表された、一般家庭向け電気料金平均値上げ率を元にランキングしています。ランキング結果は以下のようになりました。

一般家庭向け電気料金値上げ率(高い順)
1位 北海道電力
値上げ率24.24%
2位 関西電力
値上げ率18.92%
3位 東北電力
値上げ率8.94%
4位 東京電力
値上げ率8.46%
5位 四国電力
値上げ率7.80%
6位 九州電力
値上げ率6.23%
7位 中部電力
値上げ率3.77%
8位 北陸電力
   中国電力
   沖縄電力
値上げ率0%(震災後値上げなし)

一般家庭向け電気料金の値上げ率ランキング1位は、震災後2度値上げをした北海道電力でした。続いて2位が関西電力、3位が東北電力となっています。

オール電化向け夜間料金値上げ率ランキング

一般家庭向け電気料金とオール電化向け電気料金では値上げ率が大きく変わってきます。ここでは、各電力会社の電気料金値上げ時の、オール電化向け夜間料金の値上げ率をランキングしました。ランキング結果は以下のようになりました。

オール電化向け夜間料金値上げ率(高い順)
1位 北海道電力
値上げ率57.07%
2位 関西電力
値上げ率43.07%
3位 中部電力
値上げ率40.10%
4位 東北電力
値上げ率24.21%
5位 四国電力
値上げ率23.04%
6位 東京電力
値上げ率21.60%
7位 九州電力
値上げ率17.48%
8位 北陸電力
   中国電力
   沖縄電力
値上げ率0%(震災後値上げなし)

北海道電力は震災後2度値上げをしており、震災前と2014年11月の再値上げ後の料金単価で値上げ率を計算しています。
各値上げ率は、各電力会社のオール電化向け電気料金プランの深夜料金で計算しています。

オール電化向け夜間料金の値上げ率ランキング1位も、震災後2度値上げをした北海道電力でした。2位は関西電力、3位は中部電力となっています。

一般家庭向けとオール電化向けでは値上げ率が大きく異なる

上記ランキングを見ると、一般家庭向けの電気料金とオール電化向けの電気料金ではそれぞれ値上げ率が異なり、ランキングも大きく変わっています。一般家庭向け電気料金では値上げ率が3.77%と他の電力会社に比べて低く7位の中部電力ですが、オール電化向け電気料金の値上げ率は40.10%と高く、3位となっています。

さらに、各電力会社ともに一般家庭向け電気料金の値上げ率とオール電化向け電気料金の値上げ率を見ると、オール電化向け電気料金の値上げ率が極端に大きいことがわかります。それはなぜでしょうか?

なぜオール電化向け夜間料金の値上げ率は極端に大きいの?

各電力会社は電気料金の値上げ時に、公平性を確保するためとして全てのプランで設定されている1kWhあたりの電気料金単価の「値上げ額」を同程度に設定しています。オール電化向けの料金プランでは、夜間の1kWhあたりの電気料金単価がもともと安く設定されているため、結果、一律同程度の「値上げ額」の影響が相対的に大きくなり「値上げ割合」が高くなってしまっているのです。

このランキングはオール電化むけ夜間料金の値上げ率を示しているので、オール電化家庭の電気代がそのまま17%〜57%も上がってしまうわけではないことには注意が必要ですが、やはり負担は大きくなっていますね。

値上げの影響で今契約中のプランが最適ではなくなっているかも?確認しましょう

ご家庭の生活スタイルに一番見合った電気料金プランを契約することで、電気代の無駄をなくして節約できます。

電気料金プランは電力会社の値上げ時に内容が変更されることもありますし、ご家庭の生活スタイルも仕事の都合や子どもの成長などにより日々変化しています。

電気料金プランを定期的に見直して、その時そのご家庭が一番お得に使えるプランを選んでいくことで、常に電気代を節約していくことが可能となります。ご家庭の契約プランが最適なものかどうか、見直しをしてみましょう。

値上げ後も家庭の電気代を節約していくためには

電気料金値上げ後も家庭の電気代を節約していくためにはどうしたら良いでしょうか?そのポイントは以下のようになります。

最適な電気料金プランを選ぶ

電気料金のプランを正しく選ぶと電気代を節約できるかも?

ご家庭に最適な料金プランを選ぶことで、無駄な電気代をなくし、電気代を大きく節約していくことが可能になります。

プランを見直して電気を使う時間帯を工夫する

電気代を安く節約できる!プラン変更+電気を使う時間帯の変更が節約のカギ!
上記のように電気料金プランを見直したうえで、さらに電気を使う時間帯を工夫するとご家庭の電気代をぐんと安くすることができます。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。