エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 電気代が一番高い電力会社はどこ?全国電気料金ランキング2014冬
 

電気代が一番高い電力会社はどこ?全国電気料金ランキング2014冬

電気代が一番高い電力会社はどこ?全国電気料金ランキング2014冬
電力自由化ニュース

2014年10月時点での家庭向け電気料金を、地域ごとに最安になる結果をもとに電力会社別にランキングしました。最新ランキングをご覧ください。

全国で一番電気代が高い電力会社はどこでしょうか?

2014年10月の現時点での電気料金を電力会社別にランキングしました。皆さんのお住まいの地域の電力会社は何位にランキングされているでしょうか?最新ランキングをご覧ください。

2014年10月時点でのランキングとなります。電力会社別の電気料金に関する最新のランキングは、以下の記事でご紹介しています。
電気料金値上げ率ランキング!震災後いちばん値上がりしてる電力会社は?(最新版)

電力会社別電気料金ランキング

今、一番電気代が高い電力会社はどこでしょうか?エネチェンジプラン診断で、一般家庭の平均使用量を同条件でプラン診断し、電力会社ごとに実際に請求される電気代を高い順にランキングしました。

電力会社別電気料金ランキング(高額順)

1位 北海道電力
年間129,470円
ピーク抑制型時間帯別電灯(ドリーム8エコ)
2位 東京電力
年間122,026円
おトクなナイト10
3位 中部電力
年間117,054円
ピークシフト電灯
4位 沖縄電力
年間116,315円
時間帯別電灯
5位 東北電力
年間108,755円
ピークシフト季節別時間帯別電灯
6位 関西電力
年間108,410円
季時別電灯PS(ピークシフト)
7位 四国電力
年間105,659円
ピークシフト型時間帯別電灯
8位 中国電力
年間102,994円
電灯ピークシフトプラン
9位 九州電力
年間100,631円
ピークシフト電灯
10位 北陸電力
年間93,868円
季節別時間帯別電灯II(エルフナイト10プラス)

現在従量電灯で30A契約をしていると仮定し、一般家庭が1ヶ月に使用する平均量300kWhで計算しています。
年間額の下に記載されているプラン名は、エネチェンジプラン診断で電気代が一番安くなる見込み結果が表示されたプラン名です。
2014年10月時点でのランキングとなります。

2014年10月時点で一番電気料金が高いのは、北海道電力でした。北海道電力は2014年11月から電気料金単価を値上げするため、2位の東京電力とさらに差が開いてしまうでしょう。3位には2014年5月に電気料金単価を値上げした中部電力、次いで4位が沖縄電力となりました。

月額の電気代から見ると、1位北海道電力・2位東京電力は月額1万円台、3位中部電力・4位沖縄電力は月額9千円台後半、5位東北電力・6位関西電力は月額9千円代前半、7位四国電力・8位中国電力・9位九州電力は月額8千円台、10位北陸電力は月額7千円台となっています。北陸電力は他の電力会社と比べて、ずば抜けて電気料金が安いことがわかります。

地方別に電気代を上手に節約できる方法をご紹介

上記ランキングで特に上位にランキングされている地方にお住まいの方は、電力会社が設定しているもともとの電気料金単価が高いため電気代が高くなってしまうことに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

しかし、ご家庭の電気代を安くできる方法はあります。以下にその方法をご紹介します。

電気料金プランの見直しをする

上記ランキングはエネチェンジ電力比較にて、多くのご家庭がご契約されている電気料金プランの「従量電灯プラン」から、プラン変更をして一番電気代が安くなるプランへプラン変更をした場合の年間電気代の見込み結果をランキングしたものです。上記のランキング結果を見て分かるように、各電力会社の一番電気代が安くなるプランの中に「従量電灯プラン」はなく、「ピークシフトプラン」など私たちが自由に選べるプランが電気代が一番安くなるプランという見込み結果が出ています。

もちろん、上記ランキングは一般家庭の平均をとっての結果ですから、上記の電気料金プランが全てのご家庭が一番電気代が安くなるプランというわけではありません。そこで、みなさんのご家庭の電気の使用状況から、みなさんのご家庭が一番電気代が安くなる電気料金プランをシミュレーションしてみましょう。

シミュレーション結果で「従量電灯プラン」以外のプラン名が表示された方も多いのではないでしょうか?そのように、多くのご家庭が、電気料金プランを最適なものへプラン変更することで、ご家庭の電気代を今より安くすることができるんです

地方ごとに適切な節電方法を取り入れる

地方ごとに電気をたくさん使う季節や、電気を使用する器具などは異なります。そこで、地方の特性に合わせた、地方ごとの電気の節電方法をご紹介します。

地方別ご家庭でできる電気代節約方法

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。